現在表示されている記事の一覧

なかなかおもしろいAPI等を公開しているHeartRailsから新しいサービス。

ブログ引退表明サービスだそうです。






「Retired」 は、ブログを引退、中断、移転される際に、今後、放置されるブログへ目印を付けるサービス (ブログパーツ) です。ブログオーナーの方々は、「Retired」 をご利用になることにより、ブログを引退、中断、移転される理由、およびブログの移転先を、閲覧者の方々に速やかに伝えることができるよ

うになります。


こんなのがあるのね。

どんなもんか見てみたかったので、 ながらく放置していたBlogをさっそく引越し宣言をしてみたぜ



さっきの画面に入力すると、下にタグが吐き出されます。








で、引退(引越し)するブログに張ってみました。

とりあえず記事に張ってみる。

こんな感じになります。




で、その画像をクリックすると、下の画面に飛びます。






そんだけ。

いや、あれば便利だと思うよ?

しばらくしたら引越し元のBlogは削除しますね。

体張ってるな~。

ボディーペイントで楽しんでる人たち。




こういう人のモチベーションっていまいちわからん。

コスプレとかに近いものがあるのかしら?
(そっちもわかんないけど)

もっと見たいかたは、こちら↓から~

体を張ったちょっとセクシーな目の錯覚画像いろいろ - WEBマーケティングブログ

あと、こちらもよね。

湯島の事務所近くにてラーメン缶を発見!

秋葉原までいかなきゃ買えないかな?と思ってたんだけどね。

昨日、テレビで「結構いける!」と紹介してて、

嫁も興味を示していたっぽいので買ってみようと。

言い訳はそのくらいにして、

とりあえず、この暑い中、熱々のラーメン缶(みそと醤油)を二つゲット。





とりあえず会社では食わずに自宅にて湯煎してから食べることに。

で、味噌味食べてみました。

味の方は、ぶっちゃけ思ったより食えます。

が、二度と食べることはないかもしれない><

こんなもんだろうな~

ちなみに嫁に見せたらキッパリと「わたしは食べないよ!」とのこと。(´Д⊂グスン

そんなわけで、醤油味の方はおうちににて飾られてます。



↓自販機の写真。
冷たいラーメン缶もあるみたいなのでそのうちチャレンジするかも?





で、肝心の自販機の場所は↓

ラーメン缶

ちょうど勝田台と志津の間くらいにあるラーメン屋さん、「ごとく

五徳ラーメンとねぎラーメン?を注文したのですが、
見た目よりさっぱりしてました。

あっさり系の豚骨かしら?

あ、紫蘇餃子もたべたよ!

















場所はこちら↓
営業時間は11:30~25:00だそうです。

とろこくチャーシュー ごとく (ラーメン / 東葉勝田台、勝田台)

五徳

場所:日本, 千葉県佐倉市井野町66−1

下記のJavaWorldメモリアルDVDを注文しようと思ったら、なんと、
WEB+DB PRESS 総集編 [Vol.1~36] (大型本) も出てる!

今年の3月に出てたみたいだけど知らなかった。。

現時点だと、最新号はたしかVol.39.

こいつも買いかな?

とりあえず買ってみよっと!



WEB+DB PRESS 総集編 [Vol.1~36]


買うぞ~!

Amazonからのメールをお勧めメールより。

「今年の頭に休刊になった「JavaWorld」の約5年分、全62冊がDVD(PDF)にて提供!」

との見出しが。


個人で買ってもよいかなとも思ったが上司に相談したところ、
「買いだろ!買い!Buy Now or Dieee!!」

と、ちょっとだけ興奮気味だったが一発OKをもらう。


会社の書籍スペースも一杯になってきちゃったしな~。

物を見ていないでいうけど、
常に時代の最新技術を現場に持ちこんで使いこなしているところは別かもしれないけど、
自分にとってはこれは確かに買いでしょう。
(よそは
Java6とかもう業務でつかってるのかしら?

あと、
「収録しているPDFファイルは、すべて何度でも印刷可能です。目的の記事を印刷すれば、電車での移動中など、PCのない環境でもJavaWorldの記事を読むことができます。」

って売り文句が気に入った。
通勤時間長いんだよ~(´Д⊂グスン




内容紹介
●約5年分の記事を一挙に収録!
昨年12月、惜しまれながら休刊した「JavaWorld」の2001 年12月号から2007年2月号(最終号)まで、全62冊分の記事データをPDF形式で1枚のDVD-ROMに収録。すでに在庫切れとなったバックナンバーも含め、約5年分のJavaWorldをまとめて手に入れられるお得な“永久保存版”です。

●読みたい記事がすぐに読める!
目次ファイル内をキーワード検索して目当ての記事を見つけたらタイトルをクリック。すると、すぐにその記事を閲覧することができます。

●何度でも印刷が可能!
収録しているPDFファイルは、すべて何度でも印刷可能です。目的の記事を印刷すれば、電車での移動中など、PCのない環境でもJavaWorldの記事を読むことができます。





だそうです。

ちなみに初めてアフィリエイト張ってみた。

昔、撮影した写真から。

湯島の天神下交差点近く天ぷら屋「天久」。

大きなかき揚げが有名のこのお店。

せっかくなので、特上かき揚げ丼をいただきました。
(確か2500円くらい)



オイシイです。

けどボリューム、手加減いっさい無し。いわゆるテラ盛。

食べるなら若いうちに。。

普通の天丼や天ぷら定食もありそちらもおいしいです。

ちなみに手加減無しなボリュームは特製かき揚げだけかな?

天久 (天ぷら / 湯島、上野広小路、上野御徒町)


場所はこちら。

天久

場所:日本, 東京都文京区湯島3丁目47−9

「カプコン "MT Framework" ゲームエンジンプログラマ募集」のトップページ。

Σ( ゚Д゚) スッ、スゲー!!

「この仕事には、プログラミングがかなり好きでなければ乗り越えられんらいシーンが含まれています。」

「この仕事には、グロテスクなスケジュールが含まれることがあります。」

「この仕事には、残酷なバグに負けない心が必要です。」

わ、わらえないw

「この職場には、女の子もちゃんと含まれています。」

わ、わらえるw
ちなみに、うちの職場には(あんまり)含まれてません><

「この仕事には、麻薬的なやりがいが含まれています。」

ま、これは本人しだいかな~と。

しかし、こうも堂々と謳えるのるのはすごいね。


遅めの休日出勤なある日、昼も食ってないし、ラーメン食べてから出社しようと御徒町の「一風堂」へ。

ちなみに、一風堂の白丸が大好きで、たまに無性に食べたくなる日が来ます
(赤丸はそうでもない)。

で、店にて席につくと店員に一日50食限定の「極新味」を進められたので、「じゃ、それで」と注文を。

注文すると直ぐに、お膳にご飯と「ヌーべ」と呼ばれるプルプルしたゼリー状の物体と小冊子が乗っけられてでてきます。



で、小冊子を読んでみると今から出てくるラーメンの食べ方と薀蓄が。

なにやらとんこつベースではなしに、鶏がらベースらしいです。へー

で、このゼリー状の物体は醤油と香油と豚骨スープを濃縮したものの塊らしいです。

途中でそれを入れて味をかえて楽しめるとのこと。

で、ラーメン自体にも熱々の鰹と昆布だしベースの茶碗蒸しが入っていて、それもまた崩しながら食べると味が変わるそうな。

もう、なんかミスター味っ子に出てきそうなw
(初代味っ子のファンです。)

ちなみに、ご飯のほうは、最後にラーメンのスープをかけて一口雑炊にて頂くようにと。

あ、裏には今日何杯目の注文なのかわかるように番号が書いてありました。

で、チャーシューは、モモ、バラ、肩ロースの三種類をのほにゃららとか読んでると。
出て気ましたよ、それが。



店員さんから「中央の茶碗蒸しが非常に熱いので注意してください」とのこと。

で、普通にスープを、
ふむふむ、う、うまい!うまいぞー!ブラボー!(失礼。ちょっと恥ずかしい)

スープ、なにこれ?

和風な豚骨?のような感じだけど、全然魚くさくない。

鰹なのかな?

あ、こりゃ確かにご飯にかけてもうまいわと想像。

で、ラーメンに茶碗蒸しってwと疑いの目でみていた茶碗蒸しを崩してたべてみる。

あー、やっぱり和風な感じのスープなので合うんだろうなー。

普通にうまいや。

完全にスープと混ぜ合わせずに、麺を食べるときに少しずつくずして一緒に頂きました。

あ、このラーメン、中太麺なのね。

普通のラインナップで使われない麺だからかもしれないけど、このラーメン替え玉はできません。

注文時にお願いすると若干大盛りにはしてくれます。

雑炊用のご飯はお代わりできます。

他に気に入った点だけど、

ラーメンにごぼうの揚げたものがのかってって、とても香ばしいの。



この食感はラーメンに新しい。

あと、スープの中にも和風だしで煮込まれたカブがはいてます。

歯ざわりもよいし、味もとっても染込んでていい味。

なぜか日本酒が飲みたくなったな~。


そんなわけで、おすすめです。

博多 一風堂 上野広小路店 (ラーメン / 上野広小路、湯島、御徒町)


一風堂

場所:日本, 東京都台東区上野3丁目17−5

タモリ占いだそうです。

あなたを、伝説的司会者、夕モリに例える、本格派占いです。

最近また、こういうのがはやってるけど、なんか、定期的にくるね。
動物占いとかってもう昔の話なのかしら?

で、やってみた。↓

名なしさんは身長10cmの夕モリ です!

身 長10cmの夕モリのあなたは、人の気持ちに敏感な、勘の鋭い人。話も上手で、話題も豊富なあなたのもとには、自然と人が集まってきます。時には悪人も 寄ってきますが、あなたは頭の良さと愛想の良さで悪人の悪だくみを封じこめてしまいます。流行にも敏感で、最先端の情報をいち早く仕入れ、人に教えてあげ る役割を受け持ちます。一つのことにじっくりと取り組むのはあまり得意ではありませんが、裏をかえせば、それは過去に執着せず、新しいことに次々と挑戦で きる長所でもあります。

名なしさんを見守る神様は、早寝早起きの神様です。

そんなあなたの本日の運勢はこちらです!


とのこと。

ユーカリが丘までの終電を逃してしまった。。

今日は土曜日だってことをすっかりわすれてた。

調べたら勝田台までは行けるみたいなのね。

なんとかそこまで行ってみます…

ちなみに、
上野

秋葉原
↓今、ここ(>_<)
西船橋

東葉勝田台

マスコミの取材等はお断りしてるそうなのであまりその手の情報誌等には出てこない。

とんかつのメッカ、上野にて、双葉本店のすぐ傍で営業されています。

昼夜問わず1000円で食べれる並ロースから2800円の黒豚ロースや上ミックス等メニューもそこ有り。

勤め先の近くなので、時折お昼に行くのだけど、このクラスのとんかつで1000円でこんなにおなか一杯にしてくれるところはなかなか無い。
(もっと払えばそりゃあるけどね)

ちなみに、上野近辺でとんかつを食べるようになってから知ったのだけど、ここら辺(てゆーか、世の中のとんかつ屋はみなそうなのかな?)のとんかつ屋さんは、「茶色い普通?の揚げ方のとんかつ」と、「低温揚げの白いとんかつ」で大別できます。

低温揚げは、初めて食べた(湯島のぽん多)ときは、なんていうのかな?
旨い豚しゃぶの塊を口にいれたような豚感?と肉汁肉汁してて、もう、とんかつを食べた気がしません。

正直、好みが分かれる気がする。

個人的には、低温揚げも嫌いではないが、その特性上(揚げるのに時間がかかる)、結構待つし往々にして高い(時間がかかるから必然的にそうなるのだろうか?)。

今は、どちらかというと、衣が茶色のサックサク?なのを、ごはんと味噌汁で食べるほうがいい。。

って、話が逸れました。

で、武蔵野のとんかつだけど、ほとんど並ロースしか頼まないのだけど、それでもボリュームもあり、なにより衣がぜんぜん油くさくない。

なので醤油で食べても全然いけます。

お店は、地下に結構広い座敷スペースがあるので、上野界隈でのお昼時の混雑時には、穴場のお店かもしれない。

ぜひ、一度お試しを。

今度は、ヒレカツで有名な蓬莱屋にいってみるつもり。



以前撮った写真が何枚かあったので張っておきます。


上ミックス(嫁が食べました。奮発しちゃった)

場所:日本, 東京都台東区上野2丁目8−1

勤め先のイントラに、事務所近辺の飲食店情報を上げるBlogがあったりする。
基本的に誰でも投稿が可能で、忙しくない時期はそこそこ盛り上がったりも。

自分も独身の時(最近はお弁当)は、ランチにて新しいお店を利用した際には必ず写真を撮って投稿するようにしていため、今では外食をする際は写真をパチリと撮影してから食べる習慣ができてしまいました(あんまり行良くはないかな?)。

まぁ、結婚してからはそんなに外食することもなくなったのだけど、
せっかく?なので、このBlogでもそんな記事を投稿します。

そんだけ。

とりあえず、Bloggerのテンプレートを変えてみたりと色々やってみようかと思うのだけど、なかなか手が回らない><

そもそもなんでBloggerでやんのよ?と同僚にも突っ込まれてはいるのだが、確かにちょっと他のBlogサービスと使い勝手が違う気もする。。

見た目に関しては、もうちょっと煌びやかな感じを目指してみます><
プリンセス天功のBlogみたな感じがいいね)

なんか、面白そうなのあったら紹介してね><