現在表示されている記事の一覧

豚の角煮をトコトコと煮込んでる最中に、キッチン周りの物をいろいろ調べてみた。

キッチン周りのものは、基本的にすべて嫁さんのチョイスなのだが、嫁も買う時にいろいろと調べてたみたいで、俺が使い勝手がよく気に入ってるものはやっぱりそこそこ評判の良い物のよう。

まず、その一つがla base 木製まな板 2枚セット



響き的にヨーロッパのメーカーかな?と思ったけど日本のでした。

料理研究者の有元葉子氏が「台所道具の中で基本となる道具」をコンセプトにデザインした、日常使いのキッチンウエアシリーズ「ラ・バーゼ」。
la baseとはイタリア語で「基本、基盤、基礎」という意味を持つ。

とのこと。

このまな板、ゴムの木で出来てて、木製のまな板によく使われるブナ材に比べ弾力があって庖丁のあたりが良くて乾きが早いとのこと。

大きさだけど高さと幅は26センチ。幅は25ミリの板厚があるのでスタンドが無くてもしっかり立ちます。



そこそこ重さもあり安定もしてます。

使い勝手だけど、写真からわかるとおり正方形のまな板で2枚組なので、パンとかにんにくとかちょっとした薬味を切るときは一枚で。

長いもの物切ったりするときは2枚並べれば普通サイズのまな板として使えます。

HPに2枚並べと4枚並べのイメージがあったので借りてきました。



実は普段の料理では一枚で事足りてます。

料理中にそのぶんスペースが出来るってのがマンションサイズのキッチンでは重要な点かな~と思う。

そうそう、ピザを焼いたり出前したときににお皿の代わりに使って食卓にだすと、なかなかこじゃれた雰囲気を出せてる気がしてます。

何よりも切りやすいしね。お客さんとか来たときよいかもね。

こんなとこに刻印もあります。



ちなみに、表面を削りなおすことが可能なので、長年使って表面がでこぼこになったら製作会社でメンテナンスしてもらえるらしい。

長い付き合いになりそうなやつです。お勧めです。

la base 木製まな板 2枚セット
ラバーゼ (la base)
売り上げランキング: 6904

ランチ時に人形町と堀留町の間を歩いてると、小さいわき道の入り口にこんな看板が。



看板の裏にはこんなチラシが。



わき道を覗いてみると小さいさ行列ができてました。

何のお店か確認してみると居酒屋さんがお昼にうどんを出してる模様。



カウンターにびっしりと10種類くらいの天ぷらと生卵や温泉卵が並んでます。

最初にベースのうどんを決めてそれから、天ぷらを載せてレジへ向かいます。

いわゆる、はなまるうどんとかでやってる載せたい放題払いたい放題がルールな。



一番好きな野菜のゴボウのかき揚げとから揚げを。プラス温泉卵を冷たいうどんでいただいてみる。



美味しくて安いっす。人形町近辺は何故かきし麺を出す店が多かったが、腰のあるうどんが食べれます。

夜は、野人料理が売りな居酒屋らしい。気になるな~。



日本橋 風神亭 (居酒屋 / 人形町、小伝馬町、新日本橋)

場所はこちら地図まどで。

風神亭@人形町

場所:日本, 東京都中央区日本橋堀留町

湯島の銀ばしさんで、「いか焼き」なるものを食しました。

あの、なんかごっつい機械で押さえつけてプシューっ!って焼くやつ。

湯島に店ができたのは知ってたけど、なかなか食べる機会がなかったのだが、夜遅くに湯島に戻ることになったついでにと買ってみた。


写真は歩いてる途中に俺のハートをがっちり掴んだ窓に張ってあるメニュー。




カウンターの上の方の飾ってある写真。いろいろトッピングもできるみたいで、おそらくそのバリエーションだろう。




作ってる風景。なんかでっかい機械みたいのでブシュー!ってやってくれます。




銀ばしさんのHPを見てみた長野から出てきたんだね。

自分も地方出身なのでがんばってほしいなと。

買って帰るつもりだったのだけど、2階で食べれるとのことだったのでそこで食べてみた。

2階には、写真の大きい机が一つと、4人が座れる感じのテーブルが二つ。



で、いか焼き(380円)です。




お味はというと、なんかすんごいモチモチしてるの。食感は、たこ焼きともお好み焼きとも違う別の食い物。

東京で食えて良かった。

あ、2階ではビールも飲めるみたい。いいね~。

場所はちず窓で。

いか焼き@銀ばし

場所:日本, 東京都文京区湯島3丁目38−11

関東一帯に多数の店舗を展開している、立ち食い蕎麦屋「富士そば

安くて早くて何とかでと、そんなわけで忙しいサラリーマンの心強い味方立ったりするわけだが、

そんな富士そばのディスプレイに凄まじい物が!



Σ( ゚Д゚) スッ、スゲー! こ、これを立ちながら食うの?

って、立ち食いそばとかそういうの関係ねー!店の名前にあやかった新メニューを考えたぜ!ってのりなのか?



少し気になって、「富士山盛り」でイメージ検索をしてみたら・・・

( ゚Д゚) スッ、スゲー!

ハワイに行ったときにこんな量食えるかボケ!と思ったが日本も全然負けてない。

いつかはチャレンジしてみたい。だれか一緒にチャレンジしよう。



場所はちず窓で。

御徒町駅前店 台東区上野3-27-8 菊磁堂ビル

富士山盛り@富士そば

現在メインのメールアカウントにGmailを使用しているのだけど、

メーラとしてもこのブラウザのIFが便利すぎて、自宅ではPCのメーラーをほとんど使うことがなくなってしまった。

そんなGmailが、大々的なバージョンアップ(Gmail2.0)を行っているわけだけど、

日本語ユーザは徐々に切り替えとなってわけだが、

ようやく自分のアカウントも切り替えてもらえてました。

ぱっと見た感じは、違いは無いけど動きがちょっと軽くなったかな?

どんな機能が追加されているかは切り替えられた後にでも調べようと思ってたので、とりあえずは今日は喜びを表現するだけ。

詳細はまた今度。

去年末ぐらいに食べに行った「とんこつ革命 よかばってん 人形町店

とんこつ革命と歌うぐらいなのでどんなものかとチャレンジしてみた。

そのお味はというと、なんていうんだろうな~、

とんこつラーメンに卵の黄身をとかしたようなマイルドな濃厚さ。

スープは確かにちょっと革命を起こす気なのかもしれない。



しかし、革命を起こすには何かが足りなかったのだろう。

4月に入ってから店の前を通ったら閉店してました。非常に残念。

人形町の堀留の交差点側のラーメン屋「麺屋大斗」

大勝軒のちょうちんをぶら下げているからそっち系なのだろう。

メニューはつけ麺とラーメンの二種類が基本。

で、後はトッピングとなるわけだが、券売機のボタンを何度も押すのが面倒な人のために、全部入り的な特製つけ麺と特製ラーメンがある(ちょっとお得なのだろう)。

麺の量は、普通盛(300g)、中盛り(00g)、大盛り(600g)が有り、中盛りには無料でしてくれます。大盛りは100円増し。

が、普通盛りでかなりボリュームがある。中盛り以上は、すさまじい量なので大食いでラーメンorつけ麺が大好きな方にしかお勧めしない。

で、特製つけ麺を頼んでみた。

そうそう、麺を熱いままだす(あつもり)か、冷水で冷やすか食券を渡すと聞いてくるが、冷たい麺で頼む。その方がしこしこ感がアップして好き。



麺は太目のストレート麺。

つけダレは、パンチのある魚介系ダシがきいた甘辛酸っぱ辛い醤油味。普通にうまい。



下は、横で食べた中盛りの人(同僚)の麺。こちらはあつもりなので湯気がすごい。



しっかし、中盛りでもすごい量だな~。

さすがに30歳を超えると無理。かなり気合入れないと食べ切れません。

ちょうど後から来たお客さん(こじゃれた感じのガリガリな若いサラリーマン。紺のスーツに茶色のネクタイとかしそうな。)の「中盛りってどのくらい多いんですか?」っという問いに対し、店員が「普通のラーメン屋の大盛りよりちょっと多いくらいかな!」と返答があり、じゃぁと中盛りを注文していた。

横で食ってた俺は「お前には絶対食いきれん!食いきれるようになりたければお前も太れ!」と心の中だ叫んでやったぜと、俺にしか見えない何かに向かって勝ち誇ってみる。

いや、マジですごい量よ。誰か大盛り食うなら見てみたい。本当に。

ただ、冷たい麺で頼むと、つけダレがすごい勢いで冷めて行きます。

普通盛り以上を頼む人はそれを心して頼んだほうが良いかもね。

大斗 人形町店 (ラーメン / 人形町、小伝馬町、東日本橋)

【住所】東京都中央区日本橋堀留町2-8-4
【電話番号】03-3249-9449
【営業時間】10:40~22:30 日休

場所はこちら。

麺屋大斗@人形町

春らしく菜の花を使ったペペロンチーノを作ってみた。

二人分の材料は、だいたい以下な感じで。

  • 菜の花 2~3束
  • たこぶつ切り 150g
  • ニンニク 2 片
  • ジャガイモ 一個(スライスして置く)
  • 唐辛子 お好みの量で
  • オリーブ油 大さじ3
  • 粗びき黒コショウと塩 ・少々
本当はカペリーニを使いたかったが無いものはしょうがない。

作業工程は、
  1. 菜の花をさっとゆがき、軸を落とす。で、ざっくりと5cmぐらいにきる。
  2. オリーブオイルをフライパンに入れて、にんにくと鷹の爪を入れてから火をかける。じっくり焦がさないように炒めよう。
  3. にんにくが色づいたら、たこのぶつ切りとジャガイモを投入。軽く炒める。にんにくを焦がしてしまいそうなら、一度フライパンから出しても良いかも。面倒だが。
  4. 最後に菜の花を投入。炒めるというよりはオリーブオイルと絡めるぐらい。
  5. 塩と胡椒で味を調えよう。
  6. パスタのゆで汁を大さじ一杯くらいを入れる。しっかりした味付けが好きなひとはチキンコンソメをひとかけら入れるとよいかも。ペペロンチーノを作るときのコツね。
  7. 茹で上がったパスタを絡めて終了。

パスタ
はゆで時間が7分と書いてあるものであれば、6分くらいにはあげしまうこと。

どんなパスタ作るときで基本的にはそうしてます。もちろん一つぐらい摘んでみて確かめよう。



本当は、菜の花のシーフードペペロンチーノの予定だったが、あまりもののジャガイモを入れてみた。

やっぱり、ペペロンチーノはあんまりごちゃごちゃ入れないほうよいね。

じゃかいもも、少量を細切りにでもカリカリに揚げたものをパスタの上にちらす程度が良かったかもしれない。歯ざわりもよさそうだし。


お気に入りのコーヒー器具を紹介。

新居に引っ越してきた時に、勢いでエスプレッソメーカを買ったのだが、

エスプレッソメーカは、コーヒーポッドを使うと後片付けも楽だし重宝しているのだが、普通のコーヒーもおうちで飲みたいな~と。

けど、コーヒーメーカは場所を食うしドリッパーだけで良いかな?と

ネットで探してみたら、iwaki パイレックス NEWコーヒーハウス 600ml 8685-BKを発見。

2004年度 グッドデザイン賞を受賞しているらしい。

これは期待できると、即注文。

で、早速使ってみたわけだが、



ドリッパーとポットが一緒になってるから、多めに作って飲む分だけコップに注げばよい。

個人的には、口が広いので中が洗いやすいってのもポイントなだと思う。

思ったより大きくはないが一度に600mも作れます。

すごく気に入っているのだが、ただ、近所のスーパーで買ってきたフィルターのサイズが合わずorz。(俺が悪い)



次はもう一回り小さいのを買って来ます。

あと、直火は無理だが、フタをしたままレンジにかけられ温め直しができるらしい。やったことは無いが。

場所を食わないので、一人暮らしの人にもお勧めかもしれない。

立ち食い蕎麦屋だと思ってふと入っみたら、すっごく美味しくてぶったまげた、人形町の立ち食い蕎麦屋「そば好」さん。

鰹節問屋が営んでいる蕎麦屋らしく、「化学調味料を一切使用しないつゆと生麺茹で立て」が売りとのこと。

予想どおり「つゆ」がすごくマイルド。

かけ蕎麦などの温かいそばを食べてみると、その鰹節をたっぷり使った味わい豊かな「つゆ」に感動する。一言でいうとマイルド。

最近だと、生麺の蕎麦を売りにしている立ち食い蕎麦屋をわりと見るけど、食べてみると、麺はそこそこだけど「つゆ」がなぁ~ってことも多々あるしね。


蕎麦自体も、蕎麦粉の占率がちょっと高めそうな細切りのそばで喉越しも良い。

また、「粉かつお」とやらがテーブルに置いてあり、それを白いご飯に振りかけて「おかかごはん」として食べるのを勧めている。





ご飯を注文したことがないので一度もご飯にはかけたことは無いが、

試しに蕎麦に振りかけて食べてみたが、それまた良いかつおの風味が増してグッド。

この粉かつおだけってのも販売しているらしい。

今度いったらお土産に買って帰ると決心。


ちなみに、麺はうどんも選択できるけど、うどんを選択するときしめんで出てきます。



何気に、人形町近辺はきしめんを出す店が多い気がする。

あ、立ち食い蕎麦やで蕎麦湯に期待するのもなんだがポットで提供していた。飲んだこと無いけど。

で、気になるお値段だが、どれも普通の立ち食い蕎麦屋さん価格。うりしいかぎりである。


近所で小腹がすいたら是非。

あ、平日は夜8時までみたい。




場所はちず窓で。
そば好@人形町

朝の通勤電車で横に座ってた、おそらく女子大生と思われる娘たちの会話。

「バイト先で、平成生まれ!超ショック!ヤバいよ〜!ってすっげー盛り上がられちゃった」

「その人、三十五なの。三十五にもなってバイトしてるってほうがショックだっつーの(爆笑)」

「その人こそ都市伝説級だよね!」


職業にその貴賤などない。

しかし、泣けるなぁ。


実は、このBlogへ検索からたどり着いた人のキーワードのトップは、「ボディペイント」だったりする。

一度しか書かなかったのにね。まぁ、そういうもんだろう。

それに便乗して何枚か。


ちょうど今騒ぎになっている北京オリンピックのマスコットなのだろうか?(あまり良く知らない)



戦隊ものをちょっと可愛くした雰囲気だが、そのマスコット?を模したペイント。



オリンピックの輪の色なんだね、今気がついた。



自分の体に塗ろうとか思ったことはない。が、こういったユニークなのは見てて面白いや。



オフィシャルなものなのかはわからないが、中国人のボディーペイントは結構海外ニュースでみるね。あっちのおっさんが好きなのだろう。



やっぱ、ちょっとエロい。浮くな~、この投稿。

以前、グーグルで「inurl:ViewerFrame?Mode= 」って検索してみると、

公開しているWebカメラがたくさん検索されて、一時期それを見てるのが盛り上がったこともあったと思う。

同じようなので、「LiveApplet」で検索してもこれまた違う種類のWebカメラが引っかかるみたい。

夜見ると真っ暗なのばっかりだが。




あと、全然関係ないけど、以前、面白かったので保存していた写真を。

実家から大量に胡桃が送られてきた。

ふと実家の畑の隅に生えてる巨大な胡桃の木を思い出し、

小さいころはよく畑に落ちた胡桃を拾いって歩いたな~と、実家の母と思い出話をしていたら、

小さなダンボールいっぱいにつめられた胡桃が。

去年はなにやら気候がよくなくあまり良い実がつかなかったらしいが、

父母二人では当然処理しきれる量ではないらしく、まだ大量にあるとのこと。



久しぶりに食べたが超うまいな~、このほろ苦さ、最高である。

嫁と感動して食べていたのだが、せっかくなので胡桃を使った料理をする。

ちなみに、近所のスーパーやホームセンターで胡桃割り器を探したが当然おいてなかった。

そんなに世の中に出回るものではないしね。そのうちAmazonで買うことに。

とりあえずはペンチで何とか割ってみた。



味っ子のおかけで、胡桃を使った料理といえば、くるみ入りミートソースのパスタが真っ先に。

実は、ボロネーゼを作るのは初めてだったりする。もちろんレトルトは別よ。

とりあえず、にんにくは基本だろうと、オリーブオイルでにんにくをじっくりといためながら、レシピを調査。



冷蔵庫の中身と相談して、今日のレシピは以下に決定。

胡桃 5個
合挽き肉 200g
ベーコン一枚
玉ねぎ 1個
セロリ、にんじん 各一本
シイタケ 1個(もっと入れたかった。できればマッシュルームを)
バター、オリーブ油 各大さじ1
にんにく 1片
白ワイン 1/2カップ(赤がなかったのだ)
トマト1.5個
塩 小さじ1
こしょう、ウスターソース、ケチャップ各少々
ローリエ 1枚

とりあえず、ミートソースにカリッとした歯ざわりをだすために、こま切りにしたベーコンも投入。

カリカリベーコン気味になったところで、フライパンにバターを追加して、玉ねぎとセロリとにんじんを。




いためてる間に胡桃をホイルで包んでじっくりロースト。



別にホイルに包まずとも別のフライパンでいためればよかったな~と。

玉ねぎがしんなりとしてきたら、合挽き肉を投入。

火が通ってきたら湯剥きしたトマトとワインを。

イタリアンホールトマトを使いたかったが残念なことに切らしてた。

トマトソースは絶対イタリアントマトの方がうまいのだが、ないものはしょうがないので妥協。



ローリエとローストした胡桃もこの段階で投入してみた。

調味料で味を整え、完成。



乾燥パセリを散らして、パルメザンと胡桃を中央に。

乾燥パセリは色合い的に寂しいなと思うときに大活躍である。

他人に料理(洋食)を手作りしてあげる時は、是非買っておくことをお勧めする。見た目も大事だからね。

で、味はというと、ちょっと油っぽかった。

挽肉かな?豚と牛の比率がまずかったのかな?

おそらくだが、隠し味的に使ったベーコンから思ったより油が出たものと思われ。

確かにかなり厚めでした。いわゆる隠し味が隠れていない結果に。

バターを減らしてもよかったな。ちょい反省。

嫁と二人分のパスタでも大量に余ってしまったので、タッパに入れて冷凍保存を。

そして別の日にオムライスのソースにしてみた。



とろとろオムライスは難しいな~。満足いく出来になったことが一度もない。

しかし、自宅で食べるオムライスにケチャップ以外のソースが掛かってるいると、とっとても手のこんだご馳走に見えるな。

これは男の料理として嫁のポイントアップに使える予感。