現在表示されている記事の一覧

ロシアのほうで隕石がおっこってきた日に、先輩と、ラーメン食べようか?普段行かない店お店がよいってことで、たれ蔵さんへ。

なんで普段いかないかというと、ここの前って客引きがすごいんだよね。

一人で素通りするないいんだけど、人と歩いてると結構しつこいからね。

ま、そんなこんなで数年ぶりに多分2度目の入店です。

店内はカウンターのみ。

とりあえず券売機でオーソドックスそうなラーメン、を注文。 先輩はチャーシューをました、つけ麺を
注文してカウンターの真ん中あたりへ。

店員さんの、隕石やばいねーって会話をききながら気が付けば目の前にラーメンが。


お味はというと、久しぶりにくったけど、よい意味で普通です。

不可はありません。

ボリュームもこんなもんでしょ。

こちら隣の先輩のつけ麺。


チャーシューがうまそうです。

このお店独自のポイントは!といわれると個人的にあげることはちょっと難しいので、ラーメン好きの評価としては低くなっちゃうかもしれませんが、ちゃんと平均点とれてるよね?って感じだとおもってます。

えらそうですね、すいません。

たれ蔵つけ麺 / 上野御徒町駅上野広小路駅御徒町駅

場所:日本, 東京都台東区上野2丁目6−11

セミナーで目黒まできて、帰りが遅くなったのでラーメンでも食べていこうとここら辺で評判の「麺屋 藤しろ」さんに行ってみました。

場所は、すげー迷いました。

地下街の一角にあるんだね。

目黒、そんなに来ないからわかんなかったっす。


で、混んでるかなー?と思ったら混んでました。並びはしなかったですけど。

以外にも学生服の高校生とかが食べてて、東京の高校生はリッチだなと。

とりあえず、濃厚鶏白湯特製ラーメンを注文。

カウンターの真ん中あたりに着席して、ウンチクを読みながらラーメンを待ちます。


「特製ラーメン一丁!」って声がきこえて、「あ、俺のだなと」待ち構えていたら、なんと隣の人に。

いやいや、隣のひと俺の後に座ったでしょー、って思ったらお店のひとが、「すいません、こちらのです」と私のところへ。

そんなドラマチックな登場をしやがったのがこちら、濃厚鶏白湯特製ラーメン、


ナルトがかわいいね。


お味はというと、もう、評判どおりでうまいっす。

わりとストレートな麺、スープ、お肉というなかなかのバランス。

これははやるわー。

家の近所にほしいわー。

おすすめです。


麺屋 藤しろラーメン / 目黒駅不動前駅

場所:日本, 東京都品川区上大崎2丁目27−1

昼飯たべようぜー、末広町まできてしまい、とりあえず串八珍さんへ。

串八珍さん、都内に結構あるので安心して食べれますね。


お店はそんなに広くないです。昔ながらの明るく(光量ね)オープンな感じの居酒屋って感じ。

とりあえず、席に座ってランチメニューをにらめっこ。



野菜スープうまそうだなーとか思ったけど、久しぶりにカツどんが食いたくなったのでカツどんを注文。

勝手にチキンカツかな?と妄想してたのですが、普通のカツ丼です。


味噌汁、おしんこつきのカツ丼。これで700円。


こちらは、先輩が他のだとんかつ定食


普通においしかったね。

もうチョイ会社からちかければ結構行くかも。料理がでてくるのも早いし。

ご馳走様でした。


元祖やきとり串八珍 末広町店焼き鳥 / 末広町駅湯島駅上野広小路駅

場所:日本, 東京都千代田区外神田6丁目14−1

なんか、会社で「すげー量のナポリタン喰ってやったぜ!ヒャッハー!」といった声がちらほらと聞こえてきたので、ここは我々も「俺たちも喰ってやってぜ!ヒーハー!」としたほうがよいなと、パンチョ 秋葉原店さんへ行ってみました。

御徒町店じゃなくて秋葉原店へわざわざ行ったのは、テーブルにすわりたかったから。

ここまでくると、なんかメイドカフェとかそれ系のお店もおおく、最近の秋葉原だなーって感じです。

お店は地下にあります。


なんかディスプレイを見る限りは、800gくらいいけんじゃねーか?って気になってきましたが、いざ券売機の前に立つとビビリます。



でと、券売機にまえにたつと、パスタの量が小盛り300g、並盛り450g、大盛り600g。

それでもたりないってひとは、券売機右下のデカ盛りボタンになるわけだけど、いきなり1200gから!

600の上が1200は、無理すぎるなと、600gにしておきました。

ちょっと感覚が麻痺していますが、今となれば600でも十分やばい量です。。

とりあえず私は、目玉焼きとベーコンがうまそうなのでそれをトッピングしたナポリタンを注文。

一緒に言った先輩は、白ナポなるものを注文。

店内には予想外にも先客は一名。


悠々とテーブル席に座ります。

ナポリタンってやっぱりレトロな雰囲気な食べ物なのかね?

壁には、昔の映画のポスターがずらり。これだけ見てても結構楽しい。


ナポリタンを待つ間、テーブルに目をやるとドM専用とかかれた劇からのスパイスが。


券売機のところで気が付かなかった、メンチカツを乗っけたナポリタンもあるんだね。これでもよかったなー、とか言っているうちにきましたよ!


こちら、ナポリタン達です。


皿が結構でかいので写真的にはボリュームがわかりづらいですが、目の前に来た瞬間、こ、これくえるのか?と。

とりあえず、食べ始めますが、お味はグットです。

あー、ナポリタンだーって感じ。ちなみに味噌汁いらなくないか?と思ったんですが、たぶんお店のこだわりなんでしょうね。

目玉焼きはなかなかいいアクセントになります。

ベーコンは思ったほど厚切りではなかったですが、これもほどよいアクセント。

アクセント、アクセント言ってますが、そうです、この量のナポリタンくってるとさすがに半分くらいで飽きます。

そんなわけで、劇からスパイスを突っ込んだりとしながら何とか感触。

はらいっぱいだー、ってなりました。

なんかたまに食べたくなるかもね、安いし。


パンチョ 秋葉原店パスタ / 末広町駅秋葉原駅御茶ノ水駅

場所:日本, 東京都千代田区外神田3丁目13−5

湯島駅から嬬恋坂に向かってあるいたところにできた倭旬さん。

最近できたのかしら?

なんかちょっと高そうだけどおいしそうだなとランチによってみました。


ランチメニューはこんな感じ。

うむ、いけそうだと店内へ。


店内はここらへんだとそこそこのキャパ。

大人数での宴会ってのには向かないけど少人数で飲むにはいい感じな空間って感じでしょうか。

とりあえず、厨房近くのテーブルに案内されました。

メニューどれもうまそうで悩むのですが、とりあえずは、こちらは先輩が頼んだ金目鯛のかぶと煮。


う、うまそう。。もりもりと食べられてましたよ。

そして、こちらが私が頼んだ、さばのおろし煮。


さば好きなので良く食べるのですが、おろし煮ってはじめて食べます。

ちょっと味噌の味が付いた大根おろしがさばをさっぱり食べさせてくれます。

ほかの小鉢もなかなかのもの。

ここはおいしいね!ぜひ、夜に来てみたいです。

倭旬 湯島店懐石・会席料理 / 末広町駅湯島駅上野広小路駅

場所:日本, 東京都文京区湯島3丁目13−8

携帯を整理してきたらいくつか写真が出てきたので上げておきます。

 今年1月のユーカリが丘。









こっからは3月はじめの上野公園。





所要で秋葉原まで。

ちょうどこのタイミングでとある知人が傷心旅行にでてましたので、なんか面白い写真でもおくってやろう、インパクトのありそうな写真をもとめて「麺屋武蔵 武仁」さんへ。


店の前には、メイドカフェかガールズバーかなんかの客引きさんたちがいましたが、こっちのほうにもそういうお店あるのね?電気街側だけだと思ってた。

そんな誘惑を振り切っていざラーメンと。

店内は、ぎりぎり並ばなくても入れる感じでした。結構繁盛してますね。


外ののぼりにもでてましたが、味噌のつけ麺やってんだね。


ちょっと悩みましたが、定番っぽい武仁つけ麺を注文。1000円って結構するな~。

店内は見る限りはカウンターのみです。

ちょうどカウンターの真ん中あたりに着席。

待つことしばしで、着丼。

麺の上に乗っかってるのは、にく?そうか、ここは武蔵系だったと再認識。


うむ、写真のインパクトとしてはちょうどいいとアップでもう一枚。


お味はというと、麺、スープともにクオリティーの高い、武蔵系です!って感じです。

普通にうまい。

あとは、この肉の塊だけど、お、おいしい。

とろっとろに煮込まれているので、お箸でちぎって食べる感じなのですが、たまにくいたくなるなー、このカロリーの塊。

で、食べ終わったあとにスープ割りをお願いしたらでてきたのがこちら。


一般的にはスープ割ってだし汁だけだけど、ここ溶き卵が入っただし汁でした。

これで割ってみると一気にマイルドなスープになります。

これはいいねー。

またいきたいです。


麺屋武蔵 武仁ラーメン / 秋葉原駅岩本町駅末広町駅

場所:日本, 東京都千代田区神田佐久間町2丁目18−5

夜の打ち合わせのあと、腹も減ったし餃子でも食って一杯のんで帰るかと御徒町の中華珍満さんに来てみました。

入店は21時くらいかな?

カウンターと4人ぐらいがすわれるテーブルが数客のお店だけど結構混んでます。 おいしんだろうなーって感じの雰囲気を感じましすね。

こちらメニューです。


とりあえずビールを頼みつつ、おつまみとしてチャーシューを。


そして餃子です。


餃子がうまい!とは聞いていたのですが、これはびっくり。

餡がすんごい滑らか!そして、みっちりと詰められていて、そして焼き加減もちょうどよし。

これはすごい。いわゆる本格中華レストランとかの餃子とはそりゃちがうけど、これプロの仕事って感じです。

おいしいわー。

そしてチャーハンを注文。

これ、大盛りです。 そして、なんか周りで食っててうまそうだったので頼んだ焼きそば。


普通の焼きそばとくらべると非常に太い麺が特徴です。

焼きうどん?と思ったのですがやっぱり麺がぜんぜんちがいますね。腰のある太目の中華麺ってのもあり、これは確かに面白い。おいしいですよ。

そしてタンメン。

えらい食ってるけど、何人でいったのさ?とかいう質問はなしです。 

おいしかったです。実はこの後も結構通うようになっちゃいました。 おすすめですね。

中華珍満餃子 / 上野御徒町駅御徒町駅上野広小路駅

場所:日本, 東京都台東区上野3丁目28−10

居年末にオープンした湯島の三六さんにランチに行ってみました。

三六とかいてミロクと読むんですね。


店内はおおきなカウンターがあり、その向こうにはよさげま焼酎がならんでます。

飲みたいけど、お昼だし我慢。

その向かいにテーブル席が数客あります、3人で行ったのでそちらに案内されました。


ランチメニューはこんな感じです。


何気にどれもおいしそうで悩んでましたが、カウンターの向こうにおおきな煮込みようの鍋が!

これは、もつつけ麺とやらにしてみようかと。


ちなみに、これが夜のメニュー。


煮込み以外にも串ものとかいろいろ出しているみたいです。きてみたいや。

こちら、先輩の頼んだ、もつの赤だしと煮込みの定食。


濃厚でうまそうです。

こちら、もう一人の先輩が頼んだ豚カルビの西京焼き定食。


すごい量だな~。

で、こちらが私がたのんだ、モツつけ麺。


大盛りにしちゃいました。

モツ煮込みのたれではなく、モツの入ったたれって感じで割りとあっさりいけます。

麺は細めんなのですが、逆によくあっさりした汁がからんで、これはこれで好きですね。

何気に新しい御徒町地区の麺どころとしても使えるかもしれません。

おいしかったです。夜も来てみたい!

三六 湯島店もつ焼き / 上野広小路駅湯島駅上野御徒町駅

場所:日本, 東京都文京区湯島3丁目42−2