現在表示されている記事の一覧

旅の2日目の宿は旭川の駅すぐそばの温泉付きのビジネスホテル。

実は、この日の晩御飯は北海道の旬の素材にこだわったイタリアンに行こうと思ってました。
何時に旭川につくのかわからなかったので予約せずにホテルに付いてから電話したところ、「ごめんなさい!満席です」とのこと。

そんなこともあろうかと、別の候補、実弟おすすめのジンギスカン屋大黒屋さんか旭川ラーメンの有名店「らーめん天金」さんを提示。

そしたらみんなの意見でラーメンになりました。

そこから2ブロックくらい歩いたところにあるのですが、美瑛で結構歩いたのでみなさんおつかれ。

お店は閉店間際の時間での入店だったのですが、ダメ元で4人なんですけど?と聞いてみたところ快く受け入れてくれました!

みんな非常に助かりました。

とはいっても満席ですので、テーブルが空くのを少々入り口で待ちます。

そこにあるメニューをみながら、醤油にするか味噌にするかと考えているうちに店内へ。


お店は、カウンター席とテーブル席があります。そこそこの広さです。 店内にはサインの色紙が一杯。


こちら、チャーシュー麺の醤油

お味わというと割りとストレートでコクのある醤油ラーメンです。東京ラーメン的な醤油ラーメンとは全然違います。

しっかりと縮れた麺もほどよく、そしれチャーシュが美味しいですね。完成度高いです。

山ワサビのご飯も付けてみました。ここ数年、北海道の山ワサビをグルメ番組とかでみるのですけど食べたことなかったんですよ。

思いのほか辛くなくこれはこれで有りだなと。

こちら塩ラーメンにコーントッピング。


子供用にとミニチャーシュー丼も注文。チャーシュー美味しいな~

家族連れで安心して入れるラーメン屋さんです。

観光客にも優しい雰囲気ですし外国人が結構いたのもちょっとなっとく。

素敵なラーメン屋さんですね。

らーめんや天金 四条店ラーメン / 旭川駅

場所:日本, 北海道旭川市4条通9丁目1704−31

美瑛でパッチワークの丘がみたくて、来てみました。

パッチワークの丘とは畑の作物の違いによってパッチワーク状にみえる景色のことなんですね。

初めてその名を聞いた時は実はその存在を知らず(これでも北海道出身)、「はい、これがパッチワークの丘!」っていうの観光スポットでもあるのかなと思っていました。お恥ずかしい。

時間的には夕方になってしまいましたが、美瑛の北西の丘の方にくると人の営みが生み出した自然の景色に癒やされます。

とりあえずは、有名なセブンスターの木なんかを目指してすすみ、途中で景色の良い所があればそこでゆっくりしようかと車を進めます。

ちょうど、大きな駐車場付きの公園「北西展望公園」があったのそちらで。

夕方だったのでもう近隣のお店はしまってました。残念。


日が沈みはじめていましたが空が素敵なくらい青いです。


町の人口のそこそこの割合が道外からの移住者らしいですね。引退後はこんな景色をみながら過ごしたいという気持ちはわかります。


けど、北海道出身の私だから思うのかもしれませんが、冬、相当寒いでしょうね。それも慣れの問題かもしれませんけど。


なんだか、こんな景色をみてたら私も実家にはやく帰りなくなりますね。


こちら、有名らいしいケンとメリーの木。昔のスカイラインの宣伝で使われていたらしいです。


私もいいおっさんですが、さすがにそのCMがわかる世代ではないのですが、なかなか素敵な景色なの確か。

畑の合間にこういう木がたっていますが、こちら畑の境界を示しているものらいしですね。





場所:日本, 北海道上川郡美瑛町大村(字)大久保協生

帯広の次は、富良野へ。

富良野でラベンダーをみてから美瑛、旭川へ移動しそこで一泊といった予定。

天気も良いし富良野までのドライブは快調でした。

こちら富良野途中でみつけた広い駐車場の建物。


なんの施設かわからないけど、ちょうど運転を変わってもらおうとこちらによってみたらトイレでした。

海の日を挟んだ連休の最後の日でもあり富良野はちょうどラベンダーの盛りの前半。

ここまでのドライブは順調でしたが、富良野市内に入りらファーム冨田に近づくとものすごい渋滞が。

ファーム富田まであと1200M的な看板から100メートル進むのに車で一時間。。。

これは無理だと。

旭川の次の日は、富良野に戻ってきて宿泊なのでこの日はラベンダーを諦めて、次の目的地、美瑛の青い池へ。

富良野を向けると渋滞も緩和されましたが、あえて山道の方から行きました。

途中でダムとかもあるしドライブにはちょうどよいだろうと。

で、青い池まであと2キロってところの交差点でものすごい渋滞に出くわします。。。。

ここもか。。。と。

どうしようかと悩んだのですが、ちょうど2キロ手前に白金インフォメーション・センターがあり、そこの駐車場は割りと空いてます。

ここから2キロか。。。天気もよいし歩いて行こうか?と。


渋滞している道路の脇にはちょうど散歩に適した歩道が整備されています。


2キロとはいえ途中でぐずる子供を抱っこしたりおんぶしたりの登り坂はさすがにしんどい。

こちらが青い池の入り口の看板です。


渋滞に加わるの早々に諦めましたが、割りと車がスイスイ進んでることに衝撃を覚えつつもひたすら登っていきます。

歩くこと20分くらいかな?やっとつきました、こちら青い池。


すごいでしょ?この青さ、感動です。


不思議なことに写真でとるとより一層青く撮れます。可視光線の関係かな?

こちらマックの壁紙で世界的に有名になっただけあって外国の方も結構いましたね。

冬の景色も幻想的ですが夏の方が好きかな?と個人的には。

また2キロ子供を抱きかかえながらインフォメーションセンターへ戻ってきました。

歩いている途中から、「インフォメーションセンターへ戻ったら青い池サイダー(多分観光地価格だとおもうけど)のんでやる。」と決めてました。

でこちらインフォメーション・センター施設内にある、「小麦畑と青い池」さん


なにやら閉店間際だったみたいだけど、快く対応してくれました。ありがとうございますね!店員さん。

こちら青い池ソーダフロート、青い池ソーダ、そしてハスカップソフトクリーム(子供用なのでカップにしてもらいました)

涼し気ななこの色がたまんないっす。

甘酸っぱいハスカップが子供お気に入りだったみたいです。


久しぶりに結構運動?した後ってこともありとても美味しかったですよ。

また行きたいですね。

小麦畑と青い池カレーうどん / 美瑛町その他)

場所:日本, 北海道上川郡美瑛町白金

モール温泉に入りたかったので十勝川のホテルに泊まったのですが、三連休の真ん中に4人でとなるとなかなか空いていなく、それでもなんとか1部屋とれたところはそんなにご飯が楽しめそうなところではなく。

それならばと素泊まりにして、朝食は美味しそうなパン屋にでもよってから富良野に行こうと麦音さんへ。

結果として大正解でした。旅行中の朝ごはんで一番幸せになりました。

朝7時ぐらいから開店しているとのことなので7時には行こうと思ってたのですがみんな爆睡。

それでもなんとか8時前には付きましたがそこそこ混んでます。


店内はパン売り場と屋内のカフェスペースと屋外のテーブル席があり。

とりあえずパンを選ぶぞーと。

どれも美味しそうなパンだらけ!見ている間に次から次へと焼きたげが補充されます。


どれも美味しそうで悩みましたが、地元の人が買ってるのを中心に選んでみました。

アンパンマンの顔のパンもあり子供はおおはしゃぎ。

4人分買い込んで屋外のテーブル席へ。


店の裏の屋外の空間は大きな木と周囲を麦畑で囲んであるという素敵な空間。

パンはどれも美味しく、風が気持ち良く、すごく静か。なんて素敵な朝食だ。。。

となりにはビート資料館があります。

少し時間がなくなったので今回は諦めました。


麦音 パン / 帯広駅

場所:日本, 北海道帯広市稲田町南8線西16−43

十勝ヒルズを見た後は晩御飯のために帯広市内へ。 予定としては、みんな食べられそうなはげ天の本店へ。

HPをみて近くの指定されていたコインパーキングから歩いてた時に見えた屋台街「北の屋台


ここもすごく惹かれたけど子供連れはむりだな~とかおもいながらハゲ天へ。


こちらハゲ天 帯広本店です。


日曜の夜なだけあって入り口で少々待ちましたが、店内のテーブル席にへ。

座敷もありますね。観光客というよりは地元の人っぽい家族連れが多くちょっと安心します。

こちらですが、もちろん天ぷらが有名ですが、豚丼も有名です。

お店の初代が「豚丼を帯広の名物に」と地元の仲間と頑張って豚丼だけでも60年以上守ったタレが自慢だそうです。

豚丼て東京でもみますが、やっぱ帯広で食べたいなと思ってたので夢が叶いました。

こちらは、家族が頼んだ天丼。


こちらは、豚天丼。帯広らしいそそられる天丼です。


カツとは違うまたふんわりした味わいが素敵でした。

こちら豚丼です。


お味はというとびっくりるぐらい柔らかい!そしてほんのり香ばしい味付けですが全然味が濃すぎず絶妙な味。

これは、今まで食べた豚丼と見た目な近いですが全然別物。

お肉はさほど厚くない、こんなもんなのかな?と食べたが逆にこれくらいが丼で食べるならちょうどいいんじゃないかと思えてきました

値段も程よく、これなら地元の人に愛されるのもわかります。

これは本当におすすめ。また食べたいな~

食べ終わったあとちょっと時間があれば六花亭の本店に行こうかなと思ってましたがすっかり忘れてホテルに帰ってしまいました。

はげ天 本店天ぷら / 帯広駅

場所:日本, 北海道帯広市西1条南10丁目5

次に向かったの今日3つ目のガーデン 十勝ヒルズです。

のどかな農業地帯を車でひた走り結構おおきな丘を登って行くと十勝ヒルズに着きます。


こちら、自然もたっぷり、そして凄腕のシェフがいるらしいレストランがあったりとなかなか楽しめそうだったのですが子供が車で爆睡しちゃったのです。

今日4:50分の始発で家出てきたからしょうがないよね。

起こすのも可愛そうだと私が車の中で子供を見ていることにして嫁と義母でみてらっしゃいと。

なので私が持っている写真はこのスマフォでとった写真一枚です。

デジカメの写真を整理したらもっと写真があると思うのでそのうちあげます。

場所:日本, 北海道中川郡幕別町日新13−5

六花の森に向かう途中に看板が見えてちょっと気になってた「十勝野フロマージュ」さん

六花の森のカフェでゆっくりするほど時間はなかったが、こちらでアイス買うくらいは行ける!とアイスを買うことに。


中札内の水と空気が気に入ってここにチーズ工房を開いたよとのこと。

ぜひ、カマンベールチーズのアイス食べさせていただきたいと。


いざアイスの目の前にたつと悩みます。

ダブルにするっててもあるのだが、ここはグッとこらえてシングルのカマンベールで。


店内にイートインスペースもあるのですが店の外にもテーブルがあり。

天気も良いのでそちらで食べました。


いんや-なかなか美味しい!

たしかにチーズ感があります。

気のせいか溶けるのがすごい早いようなきもするけど、ささっと移動の間のアヤツには良いかもね。

お勧めです。

十勝野フロマージュ 本店アイスクリーム / 中札内村その他)

場所:日本, 北海道河西郡中札内村西2条南7丁目2

中札内の道の駅を堪能した後は、すぐ近くのガーデン「六花の森」へ。

名前からわかるとおり六花亭が管理している庭園です。

森という何ふさわしい、広大な敷地に丁寧に手入れされた植物が覆い茂っています。


結構ひろいですね。ゆっくり見て回りたかったですが子供が走り回ってそんなわけには行きません。


確かに自分も小さい時ならはしゃいだろうなという感じの広大さ。

ガーデン内には幾つかの美術施設が併設されています。


こちらサイロ五十周年記念館。児童詩誌「サイロ」第1号から第600号の表紙絵を一面に飾られています。

ガーデン内を流れる小川。涼しい風と涼し気な川音にとてもひされます。ここで昼寝したくなりますね。


こちらレストハウス&ショップ はまなし。


ゆっくり休みたかったのですが、まだお腹いっぱいだってのもありこちらで六花亭のお菓子をかって次へ移動です。




場所:日本, 〒089-1300 北海道河西郡中札内村常盤西3線 六花の森

紫竹ガーデンを見た後にちょうどお昼になりました。

初日のお昼用にピックアップしていたお店のなかから、みんなの雰囲気を察して中札内の道の駅にある蕎麦屋「花はな」さんへ向かいます。


北海道の道の駅ってかんじです。広大な庭付きの道の駅。

ただ、ちょっと駐車場が狭いかも。

敷地内には幾つか建物が存在しますが、駐車場すぐそばの花水山なる建物にはカレー屋さんとテイクアウトコーナーが入っています。


実は、この時点ではみんながカレーがよいといったらカレーでも良いかな?と思っていたのですが開いているテーブルはなし。


回転は早そうだったけど、それなら蕎麦にしようと、大きな古民家風の建物へ移動。


こちら、本格的な手打ちのそばがめしあがれます。

車で走ってるとき蕎麦畑も幾つかみることができましたし、北海道に来たんだもん美味しい蕎麦も食べたいじゃないと思ってました。

そして、こちらどんぶりからはみ出すほどのごぼう天をのせた開拓そばが人気だそうです。

とりあえず、4人入れますか?と聞いたら、中でちょっと待っててねと、奥の座敷の廊下に並べてある椅子で待つことに。

建物の中には大正末期に建てられた旧農家住宅を移築・復元し、古い家具や懐かしい雑誌・教科書などが展示されています。


まつことしばしでテーブルに通されました。


こちら子供用のミニ天丼。かぼちゃ超おいしい!子供もお気に入りでした。


冷やし開拓そば。


私、好きな野菜は?と聞かれると「ごぼうです」と答えてしまうほどのごぼう好きです。

美味しい蕎麦にカシワと半熟卵と食べごたえのあるごぼうの天ぷらという嬉しくなる組み合わせ。

これは美味しいね~

究極の卵かけごはんって何かしら?という話になり注文してみました。


半熟卵の天ぷらによる卵かけごはん

こちらごぼう天セットのざる。


ごぼう遺体の天ぷらも食べたいよね?と頼んだ夏野菜天盛り。


どれも非常に美味しくとても幸せなお昼になりました。

お腹いっぱいだ~と少し道の駅の中を見て回ってたらみつけた、ポップコーンの元?だけどバラしてないもの。


自家製ですって。美味しそうなので買ってかろうか非常に悩みました。

旅も始まったばかりなので我慢しましたが買えばよかったかな~

蕎麦 花はなそば(蕎麦) / 中札内村その他)

場所:日本, 北海道河西郡中札内村大通南7丁目