日本には何箇所というか三重県伊勢市・北海道小樽市・栃木県足利市あたりで、「ぱんじゅう」なる食べ物をご当地のお菓子として認知されています。
#Wikipediaを見てみました。


なんか、歴史ある食べ物だし食べてみたいと思ってたので、ちょうど小樽運河を散策予定だったので休憩ポイントとして桑田屋さんを選択。

ちなみに、パンジュウは、他のお店でも出してます。

場所は、小樽の運河ターミナル内にあります。


ターミナル内に幾つかお店が入っていますが、こちら桑田屋さん。


目の前でたこ焼きを作る鉄板みたいなので焼いてますが甘い香りがたまりません。


売り場の前にテーブルが幾つかあります。こちらで頂くことに。お茶はサービスでした


味は、色々あるみたいでしたが、とりあえず、明治時代からあるお菓子なのでオーソドックスそうなのをいただきます。

お味はというと、外はカリカリでなかはホックホクのあんこ。

あんこも北海道らしく十勝の小豆を使用しています。

うーん、あんまり知らなかったけど北海道らしいお菓子な気もしますね。もっと流行ってもいいかと。

冷めちゃうとこの外側の香ばしい感じが飛んじゃうのかしら?

今度は他のお店でも食べてみたいですねー。

桑田屋 本店和菓子 / 小樽駅


場所:日本, 〒047-0031 北海道小樽市色内1丁目1−12

0 コメント