なぜだか知りませんが神保町はカレーで有名です。

調べると本を読みながら片手で食べられからじゃないかしら?、なんて出てきますが面白いですね。

そんなわけで、ボンティやスマトラカレーとか有名どころもありますが、ちょっと前に出てきたホワイトカレーのお店なんかもあります。

完全に漫画の受け売りですが、 日本で食べれるカレーって、大きく分けて以下みたい感じ。
・インドカレー
・その他アジアのカレー
・欧風(というかイギリスなのかな?)カレー
・和風カレー 
で、第五番目のカレーとして、珍しいもので中華カレーなるものがあり、ここ神保町でも食べれるお店が、老舗中華レストラン、新世界菜館の中華カレーです。


新世界菜館っていうと上海蟹で有名ですね。

中華カレーってそこら辺がはいいているのかしらと思ったらそんなことなく、わりとオーソドックスなカレーっぽい雰囲気です。

気になったので実食しにきてみました。

「新世界スペシャルカレー」なる名前が付けられているシーリズは、
・中華風カレー
・豚角煮カレー
・排骨カレー
・カツカレー
の四種類。

パイコーか豚角煮でなやみましたが豚角煮をいただきました。

で、こちらがそれ。


ちょっと、思いのほか中華感を感じない、けどじゃぁ、和風か欧風かというわれたら違う。鶏ガラベースなのかしら。

あと、特筆すべきはこのボリューム。

ちょっと高いなとか思ったら想像以上のボリュームでビビりました。

美味しかったでよ、オススメです。

新世界菜館中華料理 / 神保町駅九段下駅竹橋駅


場所:日本, 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2丁目2

0 コメント