辛いもの好きのヤンエグ(私と他部署)が、激辛カレーが食べれるお店に言って、全然食べれずに泣いて帰ってきて。

それで「お前の部署で辛いもの強いやつ集めて。リベンジに行くから」てなわけで、「蒙古タンメンの北極大好きな女性」と激辛大好きな同僚と何故か私が同伴して行って来ました。

お店は、豚バルさんです。

なかなか味のあるエレベーターにのって3階です。

店内は、アメリカン?な感じ。夜来たら楽しそうですね。


メニューはこちらです。で、このおこり豚カレーってのがその激辛カレー。



四人とも激辛の頼むのかなとかおもったら、なんとリベンジ目的で来たはずののヤンエグが注文時にビビって、一つ下の辛さのものを頼むというドラマがあり。

「え、なにやってんすか、先輩」と全員白い目でみてたら、「全員食い切ったら奢ってやる!」とかいってるので、(え?そもそもこれ奢りじゃなかったの?)とか思いながら、三人はそのまま激辛で注文。

お店は、「一度に三人前つくるとキッチンが大変なことになりますので」と言われて、強烈に換気扇を回し始めます。

なんか、やべーとか思いながら。待つことしばし。



いや、もう、配膳の段階で目が痛い。

食べた瞬間、もう、辛いじゃなくて痛い。。。。

サラサラしたカレーが、米と吸着するため、米とカレーのコントラストを楽しめず、完全に激辛の物体を口に放り込んでる感じになっちゃいます。

カレーの上に乗ってる豚肉が甘くて甘くてこれに助けられました。

昔、インドカレー屋で超激辛のカレーを辛そうに食べたら、インド人の店員が「本当に辛いカレーはナンで食べなさい。お米だとシンドい」とナンをサービスしてくれたことを思い出しました。

途中でサービスでサワークリームが提供されました。が、焼け石に水です。


辛いもの大好きなやつ男女と、私もまぁ食べれなくないけどけどって感じできましたが、何故か私が最初に食べきり。


もう一人の男の同僚も食べきりましたが、一番いけると思ってた女性がまさかの早々にギブアップ。
「蒙古タンメンの北極なら飲み干せるのに!米はシンドい!」とのこと。確かに。昔、ナンをサービスしてくれたインド人に教えてあげたい。


カレーですが、これ、普通の辛さなら美味しいだろうなーって感じの味です。

今度は普通の食べたいです!

食後に、何故か俺がアイスおごらされましたが、楽しかったです。

オススメ。

ピッグテイルワインバー / 神保町駅新御茶ノ水駅小川町駅


場所:日本, 〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3丁目10−3

0 コメント