現在表示されている記事の一覧

おうちでパスタを作るときは、やっぱり粉チーズが非常に重要。

てゆーか、パルメザンをふんだんに使ったパスタが食いたいなと。

けどスーパーで売ってるやつってたいした量も入ってないし高いのよね。
(80gで400円ぐらいするし。)

やっぱり、けちけちしないでどばっと使いたいじゃない?

そんな話を知人としてたら、「本物のパルミジャーノは全然味が違うから!ビックリするZe!」と背中をおされたので、奮発して夏だけど寒いボーナスからパルミジャーノ・レッジャーノの塊で買ってみた。



楽天でBuy Now!!したのだが、あわせてAmazonでチーズ削り器も購入。

数あるチーズ削り器・チーズおろし器?(チーズグレーターっていうのね)のなかでは、そんなに高いほうではないけど、使いやすそうだったので、LEIFHEIT シグネチャー パルメザングレーターにしてみたよ。



思ったより小さいね。

金属製の歯でビックリするぐらい硬いハードチーズもゴリゴリとけずれます。



下に受け皿が付いているので、ここに粉チーズが大量にたまる仕掛け。

何気に使いやすいかも。

削ったものをボールにドバットあけてみた。超濃厚なにおいが。旨そうなり。



さっそくこのチーズをたっぷり堪能するためのメニューは、ローマ風のカルボナーラ。所謂本物?のカルボナーラ。

クリームなんか使わない。必要なものはチーズと卵と胡椒と塩だけ。

作り方はというと、ちょっと塩大目で茹でたパスタに、卵(全卵)一つを溶いてそこに大量の粉チーズとちょっぴりお塩。

で盛り合わせてから胡椒をちょっと多めにふると。

今回は、おまけでチーズとあわせて買った生ハムをちぎって混ぜると。もちろん無くてもよい。



うまい!きたこれ!しかも、すっごく簡単だし!

なにより、お湯を沸かしてる横であっという間に準備が終わってしまうのがよい。

コツは、卵とチーズを混ぜるボールを少しあっためておくのがよいそうだ。
(余裕があれば卵を混ぜる前に少し常温に戻しておこう)



削りたてのチーズってこんな美味しいのね。

これ、サラダにドレッシングの代わりにかけたりとか、そのまま砕いて酒のつまみにしたりと使い方が一杯ある気がする。

買ってよかったよ!本当に!是非お試しを。


LEIFHEIT シグネチャー パルメザングレーター 23208
LEIFHEIT (ライフハイト)
売り上げランキング: 21045


こんなのもあります。

zyliss チーズグレイダー ZS-11281
Zyliss (チリス)
売り上げランキング: 11157



Zwilling Twin Cuisine チーズグレーター 39708-000
Henckels (ヘンケルス) (2008-05-24)
売り上げランキング: 2394

ちなみにパルミジャーノレジャーノはいつもこちらから購入してます。

(最近は、、)たとえそれが誤解されようとも、あまり自分で言い訳じみたこと言いわないというとを心に誓っているのだが、(かっこ悪いしね)

あえて言います。忙しくてあんまりこのブログ更新できてません。
(かっこわるい><)

けど、隙あらば更新していくのでたまに来る人は気長に付き合ってください。

そんなことより、この子供すげー!

たまに遊園地とかにこういうのあるじゃない?

うかつに遊ばせられないな。


http://view.break.com/530975 - Watch more free videos

けど、俺、この太っちょの役ならやりたいな



ホテルオークラ東京ベイで結婚式を挙げてから早一年が経過。

ホテルのほうから結婚1周年記念のディナーに招待されたので行ってきましたよっと。
こういうサービスはいいよね。

ホテル内のレストランならどれでも選べたみただけど、フォンタナ (FONTANA)をチョイス。
ここのローストビーフは超おいしいのだが、結婚式当日はさすがに食べる暇がなかったのでやっぱFONTANAだろうと二人の意見は一致。

久しぶりのフルコースでちょいと緊張。



スパークリングワインで乾杯。嫁が運転してくれるので私だけです。



まずは、湯葉と紫蘇で海老を包んだもののフリット。何気に土台のマッシュポテトがおいしい。



自家製パンとバター。パンは熱々だったので、最近はお高くなったバターをたっぷりつけて。
ライ麦パンがおいしかったのでおかわりを(バターもお代わりしちゃった)。



前菜の盛り合わせ。

いわゆる生ハムメロンとスモークサーモン。あとピスタチオのムースに焼いたチーズのスティックを添えたもの。久しぶりに生ハムメロンを食べたけど、これを考えた人は間違いなく天才。



冷たいかぼちゃのポタージュ。好物のビシソワーズがでるかなと予想してたので最初はちょと
がっかりしたけど、やさしい甘さでこれも初体験マイウー。うれしい誤算。



スパークリングワインを飲み干してしまったのでビールへ。

なにやらうまそうのビールを勧めてたので飲んでみた。「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」とやら。

初めて飲んだけどうまかった。これ系でありがちな甘さを控えた感じ。

グビグビ飲むってよりは食べ物にあう感じだね。



魚料理は鱸でした。ぱりぱりの皮と香草が効いたソースが美味しかった。



グラニテは、パッションフルーツの果肉入りのシャーベット。



メインは牛さんのフィレです。ワインビネガーだろうか?酸味の利いたソースがかかっているのだが、お皿にはワサビをつかったソースも。2種類のソースが楽しめた。



デザートはチョコのムースとイチゴとベリー系のソース添え。
ちゃんと記念日だよとメッセージ付き。



お会計時にはお花と写真撮影もサービスしてくれました。

写真の印刷を待つ間に、中庭で催さされていたフラダンスショーを見学。バイキングもやってたみたい。









帰り際にチャペルによってみた。



チャペルだけど、何十秒おきに床等のイルミネーションの色が変わります。

懐かしいな~。一年なんてあっという間だね。

フォンタナ (欧風料理 / ベイサイド・ステーション)

場所:日本, 千葉県浦安市舞浜