通勤時間が長いと結構イヤホンってこだわりたくなります。

人によって好みはちがいますが、私はカナル型の外の音完全シャットアウト系でないと電車では使う気がしません。

ここ10年位はETYMOTIC RESEARCHのER-6iを愛用してきたました。断線しちゃったりして合計3本もってましたが、最後に買ったのは独身時代。

初めて買った時は1万円台半ばだった来ますが、今買ったら確実に嫁に怒られます。

そもそもモデルチェンジして売ってないし。。。

 そんなわけ特価で安くなっていた、ETYMOTIC RESEARCH hf2 Cobaltを購入してみました。


まず、こいつはマイク付きです、ヘッドセットっていうんでしょうか?今のところ問題無く使えています。

ER6-iとの大きな違いが、ケーブルが頑丈そうになってる!

ER-6iは買った瞬間、ここれ大丈夫?と心配になる細さでしたがhf2はかなり改善されていますね。

肝心の出音ですが、正直言うとER-6iの方が好きです。もうすこし使い込む必要があるのかな?

ただ、やはりETYMOTIC RESEARCH製だけあって非常に全体的にバランスよくなり、かつ非常に明瞭な音像です。

完璧な遮音性とあいまって、ライブ盤のピアノトリオなんか聞いてるとその場にいるような臨場感を味わえます。

最近はやりのやたら低音ばっかりぼこぼこなる味付けのイヤホンが嫌いな方におすすめ。


ER6-iのイヤーチップ使えるかなとおもったらダメでしたね、いやわかってたんだけど。






0 コメント