現在表示されている記事の一覧

二日目は、ホテルにて打ち合わせやら資料作成やらキャンペーン用のFacebookページの作成やら。

そして買出しにホテルの向かいのHartamas Shopping Centerのスーパーへ。

マレーシアにきて二日目ですが、既にスーパーに来たのは4件目くらいかしら。

そうすると、マレーシアのスーパーの特に果物売り場のどくとくな匂いを覚えてしまいます。

そう、こちらのソウルフード?なドリアンです。


美味しいらしいのですがこちらで食べる機会は残念ながらありませんでした。

飛行機やホテルに持ち込み禁止といわれるくらいになかなか強烈なにおい。

こちら、上とおなじスーパーの中での写真です。

そう、日本の葡萄が売っていました。

日本の果物は、高級品として贈答品とかに喜ばれるときいていましたが、やはり結構な金額でした。


思いっきり日本語の幟がついています。「白桃」って書いてるけど。

わりと加工食品以外は、日本語そのままで書いているほうが「お、日本製品だ!」と喜ばれることもあるとか。

こちら、南国らしいバナナ売り。


バナナ大好きなわが子にみせたら喜んでぶらがるでしょう。

そして、なんか大人気っぽいヤクルト。


こちら日本で買うより少し安い?くらいかなと思います。
ってことは現地ではちょと贅沢品なのかしら。

下の写真は、二日目の昼飯です。

ジャンルとしてはみんなが安心して食べられるジャンルの中華料理。

ショッピングセンター内にあるRestoran Village Potというお店です。


なにやら土鍋飯屋っぽいですね。


店内は、テーブル席と窓際にカウンターがあったかしら。

非常にきれいなお店です。


メニューはこんな感じ。日本語での記載はないですが、漢字なのでなんとなくわかります。


とりあえず、土鍋飯とやらを適当に人数分ばらけて注文。

飲み物は、コーラを注文してみました。


お、コーラにもよくみるとハラルマークがありますね。


こちら土鍋飯。もしかして、これから炊くのかな?と思ってましたが割りと早くでてきました。


こちら私が頼んだ豚バラと生姜とショッパイ魚(いやSalted Fisthって書いてたのよ。)の土鍋飯。


こちら前日のお昼に食べたレタスの炒め物が美味しくてここでも頼んでみました。


こちらもなんかスープっぽいのを頼んだらなんか想像と違う感じのがでてきました。美味しかったけど。


同僚が頼んでいた鶏肉の土鍋飯。


こちら中華というよりはニョニャ料理っぽいのかしら?カレー味のスープ。というかカレー。


ちょいお昼時の時間よりは遅かったのでお客さんが少なかったのですが、そのおかげか「これどうやって食べるの?」ってな顔してたら店員さんが「こうやんだぜ!」とかき混ぜてくれました。


いやー、どれも美味しかったです。

近くに来た方は是非。となりも同系列のおみせなのでしょうか?
「お店を出るときに隣も美味しいから今度来てね!」
とのことでした。

こちらの店員さんはみな人懐っこくてほっとしますね。

マレーシアで色々食いましたが中華はどこで食べても安心の美味しさ。

話のために日本食屋に入るくらいなら小奇麗な中華のお店に入ったほうが楽しめるかもしれませんね。

Village Pot中華料理 / ムルデカ・スクエア周辺)

場所:60 Jalan Sri Hartamas 1, Sri Hartamas, 50480 クアラルンプール クアラ・ルンプル マレーシア

こちらの仕事でのマレーシア出張ネタですが、その9まで来ましたが、まだ二日目の朝だってことに気がつきました。

だらだら書きすぎですね。

Damas Suites & Residencesにて二日目の朝です。

クーラーつけっぱなしで寝てしまい「寒い!」と思ってシャワーを浴びたらやっぱりお湯が出なくて思いっきり眼が覚めた朝です。

外はすごく天気が良いのでテラスから写真を何枚か。

テラスに出てびっくりしたのですが、なにやらドアがあります。

どこにつながってんだ?とおそるおそるドアを開けてみるとそこには洗濯機がありました。。。

そうか、ここ長期滞在用のホテルかと思い出しました。

ちなみにホテルの部屋ですが、洗濯機もテレビも冷蔵庫もサムスン製です。
日本人としては悔しい限り。

写真に写る大きな建物は向かいのHartamas ショッピングセンター。でかいでしょ?


テラスから右手には、王宮が見えます。


行きたかったなー、っていうかそもそも見学とかできるのかね?

こちら、テラスから窓の下を眺めてみたところ。


車がショッピングセンターの前に綺麗に斜めにならんでます。

よくみてみると、そこバスの停留所っぽいので完全に道路だよね、たぶん。
運転だけじゃないのね、こちらの交通事情がワイルドなのは。

パノラマ写真も試してみました。難しい。なんか折り曲がっちゃった。


我々の宿泊した建物は、フロントが入っている建物と別の建物でした。

何棟ぐらいあるんだろ?6階建ての建物が5棟ぐらいはあるかもしれません。

フロントのある建物以外は2階くらいまで、カフェとか割とおしゃれなお店が入っています。

車でここに入ってくるとフロントの建物の前にさくっとこれますが、別の交通手段でくるとフロントの建物どこなのよ?って迷う予感がします。


こちらフロントの入り口のよこにある看板。


さて、朝食です。フロントの横にあるレストランでビュッフェ形式で頂きます。

窓が大きく天気も良いので非常に気持ちのよい感じです。

我々も含め外人さんがちらほら。

料理は、サラダやフルーツと、中華、マレー、インド料理に洋食が用意されいました。


珈琲メーカーでやり方わからん!と思っていたらウェイターさんが「こうやんだぜ!」っと手伝ってくれたりして、なかなか親切。

欲張りな私としては、全種類少しずつもらってきちゃいました。


なんか、サラダだとフレークだけ食べてる白人カップルさんに悪いなと思いながらも俺は仕事で来てんだぞ。

食ってやる!ってな感じです。

ごはんですが、カレーが非常においしかったー。

雰囲気的にはココナッツが入った現地のおわ時なのですが、ほどよくスパイシーで朝にちょうど良いです。

ジュースも美味しかったです。

そんなに甘くは感じなかったですが甘さに慣れたのかな?







場所:63 Jalan Sri Hartamas 1, Sri Hartamas, 50480 クアラルンプール クアラ・ルンプル マレーシア

マレーシアでの日本食プロモーションの出張その8です。

LCCターミナルに早朝着

KLセントラルのオフィス。

チャイナタウンでランチ

タマンマルリで打ち合わせ。

ミッドバレーで買出し

KLセントラルのオフィスに戻って来て議事録等の作成。。。

わかってはいたけど、初日からなんてハード。

ホテルまでの移動は、KLセントラルの駅にてマレーシア常駐の同僚にタクシーチケットを買ってもらいタクシー乗り場でタクシーを拾いました。

KLIAやKLセントラルといったところでは、前払い制のタクシーチケットが売っていて、売り場で何処にいくと伝えて購入して指定の場所で拾えます。
これだと、ぼったくりに合う必要はないです。慣れない人にはお勧め。

三人での移動で大きなスーツケースが三つあるのでタクシー2台に別れました。

1台は女性だけど英語堪能な人なので一人でのってくれと。

もう一台は私ともう一名で乗り込みます。

いやー、夜だしホテルが結構遠いってのもあるますが、タクシー飛ばす飛ばす。

「超怖い!」とスピードメーターをみたら0kmのまま。。。

この恐怖を同行者に伝えたいけど、現地の人は車は一生物なのでとっても大事にしてる!って聞いていたので「スピードメーターが動いていないよ」ってお客がヒソヒソ話してるの気づかれたら気分を悪くするんじゃないかと。

そんなわけで、なるべく日本語だけで伝えてようと「この車の速度計が動いていないですね、ははは」「いやー!」と。

ちなみにもう一台の女性一人で乗せたタクシーの方は、運転手のインド人のおじいちゃんが英語が通じなかったので「おじいちゃん!そっちじゃない!あの車について行ってってば!」と思いっきり日本語で話しかけてやったとのこと。


そんなこんなで宿泊先のDamas Suites & Residencesに着いたのは夜10時前。

KLセントラルで食べようか?という話もあがりましたが、スーツケースもって移動するのもつらいのでとっととホテルに行こうと。

「晩飯食べるところ、どこも開いてなければホテルのレストランで食べるかー。」な感じでホテルに来ましたがチェックインの際に聞いてみたところ「レストラン?もう終わってるよ?」だって。。。

非常にがっがりした顔してたら「ホテルの向かいあるHartmas Shoping Center(これまた巨大)が10時までやってるので、フロントでスーツケース預かってやるから急いでいっておいで」と。

「おっちゃん、ありがとう!」とその言葉に従いそのショッピングセンターへ。

ホテルと結構大きな道路を挟んで反対側にあるのですが、ホテルの敷地から建物の3階に直結する連絡通路がありますのでそこを小走り。

ショッピングセンターはもう店じまいムード満点。日本なら「蛍の光」が流れてる感じです。

数件、飲食店を覗き込み「大丈夫?」って顔したら「ごめんね!もう店じまい!」と。

じゃぁ、地下街で弁当でも買っていくかとエスカレーターを降りようとしたら、すでにエスカレーター止まってるし、シャッターが半分降りてるしと。

いやちょっと早くないですか?10時まであと20分くらいあるよと。

しょうがない戻るかーと連絡通路をとぼとぼと戻ってたらちょうどその真下あたりにセブンイレブンの看板が。

助かったーと、店内に入ってみたが、残念お弁当が売ってなかったです。。。
後日、日中にもそのセブンイレブンにいったのですがお弁当はおいてなかったです。
マレーシアのセブンイレブンってそういうものなのかしらね?

 しょうがないのでカップラーメン的なものとホットスナックとTigerビールを購入して部屋へ。

ちなみに、巨大なショッピングセンターの建物を抜けるとその周りに幾つか食べるところがある、と知ったのは翌日以降。

食料は買い込みやっと、やっと部屋にたどりつきました。

夜景が素敵なテラスやキッチンまで突いています。


想像していた良い部屋です。新婚旅行でハワイに行ったときより良い部屋なきがする。


そして、一人だけどダブルベット!

まぁ、嫁と来たとしても鼾がうるさすぎると一緒のベットではねらないんですけどね。

ちなみんですが、以前、家族で沖縄に行ったときに、嫁に部屋を追い出されて、母の部屋のソファーで寝ようとお邪魔したら、やっぱりうるさいと追い出されて、父の部屋のソファーで寝たことがあります。


ととりあえず荷物を置いて同僚の部屋でご飯です。

こちら買いこんだ食糧。


そしてホットスナック。


タイガービールをグビグビ。


私が買ったカップラーメンは、作ってる途中に「3分後にお湯を捨てろ」と書いてあることに気がつき、カップ焼そばだと判明。

後入れの粉末スープを入れた後でした。。。

けど、作り方間違えているわりには美味しかったです。

こんな素敵な部屋ですが、お湯が六泊中二日しかでませんでした。

最初は、「シャワー冷たすぎる!」と思って色々設定を弄ってたら少し温かくなったような気がしたので「南国のシャワーだからこんなもんかも」と自分に言い聞かせて使ってました。

後ほど同じ設定でものすごく暑いお湯がでてきたため、前日、少し温かくなったと思ったのは体が慣れただけだったんだーと判明。

けど、いいホテルでしたよ。

ちなみにHartamasのグルメ情報はこちらでまとまってることに帰国してからしりました。調べておけばよかった。

場所:Plaza Damas 3, Jalan Sri Hartamas 1, Bukit Damansara, 52100 クアラルンプール クアラ・ルンプル マレーシア

マレーシアでの日本食プロモーションの出張その7です。

初日のタマンマルリで打ち合わせも終わり、そのままミッドバレーメガモールへ。

残念ながらショッピングではなく仕事です。

雨季に入ったばかりと聞いていたのですが、滞在中あまり激しい雨には直撃しませんでしたが、ミッドバレーへ向かってタクシーへ移動中にいわゆるスコールに直撃しました。
これが唯一です。

ゴロゴロっていってんなーと爆走タクシーから外を見てたらザーっとものすごい雨。

フロントガラスから向こうがよく見えない!ワイパー追いついてないし!っと一瞬死ぬかと思いました。

いやーこの国、ガラコとかないのかね?ないなら持ってきたら絶対流行るよー。


さて、ミッドバレーメガモールですが、450店舗くらいのお店が入っている東南アジア最大級といショッピングモールです。

さすがに広いです。もはやショッピングモールというよりは非常におしゃれな街みたい。

が、しかし写真撮るの忘れてた。。。

とったのはこの一枚。我が家が大好きサーティーワンアイスですが、マレーシアだとなんと八個のせっていうタイプがあるみたいです。

やりすぎです。三つだけでも選ぶのにすごく悩むのに。


あとここに世界10大レストランにも選ばれたことがある台北に本店の小籠包の名店「鼎泰豐(ディンタイフォン)」が入っています。

食べたいなーと思ってたけど日本にもあるんだよね、このお店。

ま、ご飯の時間でもなかったので行く機会はなかったのですが、ちょいと休憩に1FのオープンカフェDeliciousによりました。
#公式HPが非常に素敵なデザインです。

同僚が前回来たときもこのカフェでやすんで同じ席だった!とのこと。

メニューです。


とりあえず甘くない飲み物が飲めればそれで良いと思ったのですが、みんなケーキセットにするっていうから、それなら俺もと。


ケーキセットを頼むと店員さんがケーキのメニューを持ってきてくれて「どれにする?」と聞いてくれますが、10種類くらいありましたが時間が悪かったのか結構品切れ。

以下はそのケーキたち。




雨も降って少し涼しくなったのでホット珈琲をいただいたのですが、ホットしました。

珈琲が結構な量ででてきたのがうれしいですね。

さて、これよりKLセントラルのオフィスに戻ります。

Delicious Mid Valleyカフェ / KLセントラル駅周辺)

場所:Lingkaran Syed Putra, Mid Valley City, 59200 クアラルンプール クアラ・ルンプル マレーシア

マレーシアでの日本食プロモーションの出張その6です。

オフィスにて軽い打ち合わせを済まし、やっと一息です。

次の移動までに少し時間があるのでお昼を食べにチャイナタウンまで足を伸ばしてみました。

チャイナタウンはKLセントラル駅から、マレーシア政府が出資の鉄道RapidKL(RapidはRangkaian Pengangkutan Integrasi Deras Sdn Bhdの略=マレー語で「マレーシア統合トランスポートネットワーク社」の意味)を乗って一駅のところにありました。

日本で言うSUICA的なものもあるようですが、切符はこのプラスチックのメダルです。


こちらにICチップかなにか入っているみたいですね。

改札に入るときはこのメダルをかざし、出るときは自動改札にて改修されます。


使い捨てではなく改修して再利用されるエコなシステムです、素敵ですね。

KLセントラルは何本か線が入っているようでエスカレーターを上って目的のクラナジャヤ線のホームまで向かいます。

そのエスカレーターから写真を何枚か。


非常にきれいなで大きな駅ですね。想像以上でした。さすが首都クアラルンプールにあるだけあります。


降車駅はKLセントラルから一つ隣のパサール・スニ駅(マレー語:Stesen Pasar Seni)です。

パサール・スニ駅は大きな川に隣接していて、その向こうには立派な国立モスクが見えました。

周りと見ると大きなモスク、古いレンガ造りの建物と近代的なビルが立ち並び、その歴史と街としての勢いを感じます。


空がきれいですね。

LCCターミナルに着いたときはまだ薄暗く、オフィスは高層ビル街にあったので空を見上げる機会がなかったのですが、ちょっと南国って素敵って思っちゃいました。


駅の周りには建設中のビルが沢山ありました。やはり発展してんぞ!っていう勢いを感じます。


日本と違い建設中のビルのように中が見えないように何かで覆って作ったりしているわけではないのでより建設中感?があります。

非常に近代的なRapidKLと川の色の対比から、あーやっぱ異国に来たなとまたシミジミ。


岸壁にはとてもカラフルなペンキ絵が。いたずら書きにしては上手すぎるしちょっと規則的になんでいるので、ちゃんとした見世物なんじゃないのかな?


ここに広告だしたらいいのにとか余計なこと考えちゃちゃいました。

駅から2分くらいあるいたところにベタリン・ストリートと呼ばれるチャイナタウンがあります。

歩く途中にまた奇声が聞こえてきたなとおもったやっぱバスの停留所がありました。

チャイナタウンの露天商街を抜け、ちょっとこじんまりとした飲食店がならぶ所に向かいます。


なにやら美味しそうなお店が幾つかありましたが、目的のお店は決めているのでそこまで浮気せず直進します。


同僚はなにやらここら辺の安宿にとまって南京虫にやられたことがあるといって話をしていて「ま、まじか。。」とビビリながらも進みます。


目的の場所はチキン・ライス (海南鶏飯) が美味しいと評判の南香飯店・本店です。

3人が持っていた観光案内本(ちなみに二人は同じものを買ってましたが)のどちらにも載っていたので、「これは間違いないだろうと時間があったらいきたいなー」とエアアジアで痛い尻の位置を変えながら話してたお店です。


お店の前ですが早速ですが鳥が一杯つるしてあります。

いきなり見たらびびりますが、露天商街を通ってきたので精神的な免疫はついてました。


なかなか拾いお店です。

地元の人っぽい方から、一人で食べにきたバックパッカーと思われる方もちらほら。

丸いテーブル席に案内され感じのよいおばちゃんがメニューを。

メニューですが、全然わからん!と思いましたが、よく見るとちゃんと日本語メニューが書いてあります。


そんなわけでマレーシアに常駐している同僚がテキパキと注文してくれました。

白鶏のハーフサイズと目的の油飯(チキンだしごはん)です。

で、こちらが白鶏のハーフサイズ。


白鶏ですが、四人で食べたのですがハーフでよかった。。。

食べ切れませんでした。

そして、ほんのり黄色いごはんが油飯です。それとスープがついてきました。


店員のおばちゃんが、なにやらテーブルにある四種類の調味料を混ぜて、これにつけて食べるんだよーと教えてくれました。

「四種類全部混ぜるの?配分がわかんないな?」って顔してたら実際に調味料を混ぜてくれたりしてすげー親切。

そんなに混んでなかったてのもあるのかしら。


で、チキンライス(中華なので海南鶏飯と呼んだほうが正しいのかしら?)ですが激ウマです。

これは近くに寄ったら是非食べたほうが良い。

日本人の口になれた米物(といっても米の種類はながひょろい奴)だってのもありますが、なにやらほっとする味で旅の疲れも癒されます。

そしてこちらが別に頼んだレタスの炒め物。しゃきしゃきでおいしいわー。オイスターソースが日本のと違うのかな?なかなか濃厚でおいしかったです。


ちなみに、こっちで食べた炒め物の野菜が結構美味しく感じました。

白鶏ですがみんなで仲良く突いてましたが、だんだんみんなの箸がレタスに集中しはじめます。

ん?とよく見てみると蒸し鶏は奥のほうは若干レアな感じなところもありますね。。。

多分大丈夫だとは思いますが、ちょっと気がついちゃうと確かに箸を出し辛いです。

次は、蒸しじゃなくてローストの方を頂いてみたいなと。

あと、なんかサッパリしそうな名前だったので涼茶(ハーバールティー)とやらをアイスで頂きましたが、すっごく甘いのね。

マレーシア、ごはんはみんな美味しいのですが飲み物に結構困りました。

甘い飲み物を頼むととことん甘いんです。

へこむのが、これは甘くないだろと思って頼んだときに出てこられるとき。。。 

ま、そんなこんなで、あのつらかったエアアジアの深夜便を忘れるくらい楽しい昼食をすごせました。

今思うとこれ唯一の日中の自由時間でした。。。

Nam Heong Restaurant中華料理 / チャイナタウン(クアラルンプール))

場所:56 Jalan Sultan, City Centre, 50000 クアラルンプール クアラ・ルンプル マレーシア