バンド練習の後は、うまい酒を求めて市ヶ谷周辺をふらふらと。

学生の時の店探しの基準は間違いなく「安く飲める店」。

そんな時に、若かったころに酒さえあればどこでも楽しめた面々と、「安く飲める店」だけではない何かを探してるなと思う時、うまくいえないが、あれから10年もたつのだなとしみじみ。


Beats Paradaiseの周辺にもいろいろと小さなお店があるのだが、調査不足のため二の足を踏む。

今回は、メンバーの一人が目星をつけていた「芋焼酎 黒豚 幻蔵 市ヶ谷店」に移動。

黒豚を使った各種料理と焼酎が豊富(50種類以上!)とのこと。

焼酎好きにはたまらんだろう。

店に入ると所狭しと焼酎のビンが並んでている。






なにやら店の一角に甕がつんであった。

焼酎をさらに信楽の甕で熟成させてまろやかにしているらしい。あとで知ったけど。




春野菜のサラダ、たけのこがうまかった。




豚串の盛り合わせ。味噌味のがうまかった。



名前をわすれたが、幻の豚。アグーかな?



「インカのめざめ」のホイル焼き。

初めて聞いた名前だったが、アンデス産の品種を日本向けに改良したものらしい。

中が黄色く栗と言うかサツマイモのような甘さがあった。





ちなみに外が雪が降ってもおかしくないくらい寒かったのだが、そのせいなのか店の中まで強烈に寒かったぜ。

結局、暖をとろうとお店をはしご。

うむ、大人になったなとしみじみ。


場所はこちら、ちず窓で。

幻蔵 市ヶ谷店



場所:日本, 東京都新宿区市谷八幡町1

0 コメント