なんか、会社で「すげー量のナポリタン喰ってやったぜ!ヒャッハー!」といった声がちらほらと聞こえてきたので、ここは我々も「俺たちも喰ってやってぜ!ヒーハー!」としたほうがよいなと、パンチョ 秋葉原店さんへ行ってみました。

御徒町店じゃなくて秋葉原店へわざわざ行ったのは、テーブルにすわりたかったから。

ここまでくると、なんかメイドカフェとかそれ系のお店もおおく、最近の秋葉原だなーって感じです。

お店は地下にあります。


なんかディスプレイを見る限りは、800gくらいいけんじゃねーか?って気になってきましたが、いざ券売機の前に立つとビビリます。



でと、券売機にまえにたつと、パスタの量が小盛り300g、並盛り450g、大盛り600g。

それでもたりないってひとは、券売機右下のデカ盛りボタンになるわけだけど、いきなり1200gから!

600の上が1200は、無理すぎるなと、600gにしておきました。

ちょっと感覚が麻痺していますが、今となれば600でも十分やばい量です。。

とりあえず私は、目玉焼きとベーコンがうまそうなのでそれをトッピングしたナポリタンを注文。

一緒に言った先輩は、白ナポなるものを注文。

店内には予想外にも先客は一名。


悠々とテーブル席に座ります。

ナポリタンってやっぱりレトロな雰囲気な食べ物なのかね?

壁には、昔の映画のポスターがずらり。これだけ見てても結構楽しい。


ナポリタンを待つ間、テーブルに目をやるとドM専用とかかれた劇からのスパイスが。


券売機のところで気が付かなかった、メンチカツを乗っけたナポリタンもあるんだね。これでもよかったなー、とか言っているうちにきましたよ!


こちら、ナポリタン達です。


皿が結構でかいので写真的にはボリュームがわかりづらいですが、目の前に来た瞬間、こ、これくえるのか?と。

とりあえず、食べ始めますが、お味はグットです。

あー、ナポリタンだーって感じ。ちなみに味噌汁いらなくないか?と思ったんですが、たぶんお店のこだわりなんでしょうね。

目玉焼きはなかなかいいアクセントになります。

ベーコンは思ったほど厚切りではなかったですが、これもほどよいアクセント。

アクセント、アクセント言ってますが、そうです、この量のナポリタンくってるとさすがに半分くらいで飽きます。

そんなわけで、劇からスパイスを突っ込んだりとしながら何とか感触。

はらいっぱいだー、ってなりました。

なんかたまに食べたくなるかもね、安いし。


パンチョ 秋葉原店パスタ / 末広町駅秋葉原駅御茶ノ水駅


場所:日本, 東京都千代田区外神田3丁目13−5

0 コメント