現在表示されている記事の一覧

実家と同じ町内(七飯町)といってもけっこう遠い、大沼国定公園に行ってきた。

幼きころから大沼に来たらもちろん「沼の家の大沼だんご」。

家族全員大好きだったので、嫁にも食わせてやろうと、JR大沼公園駅へと。

もう15年ぶりぐらいだろうか?場所はたしかここら辺だよな~と、向かってみたら、あれ?なにやら繁盛している立派なお店が・・・。

捜し求めてるのは、1905年(明治38年)創業「元祖 大沼だんご」の沼の家である。

記憶の中では、
普通の民家みたいな団子屋なはずなので、これは違うと思いつつよく見てみると、ちょっと!あれが「沼の家」だ!!

すっごく立派なお店になってる!びっくり!




なんか、幼きころより確実に繁盛しているな~。なんなんだろ?

何か変わったのかなとおもって、醤油と胡麻のセット(胡麻折)を一つ購入。
醤油と餡の組み合わせもちゃんとあった。これは、昔と変わらずと。

ちなみに、胡麻折は製造数が少量のため「沼の家」でのみ販売らしい。

確かに、駅でも売ってた気がするが、食べるならここで買おうということだね。食べるベンチもあるしね。

でと、パッケージも変わっていない!懐かしいな~。



ちょっとだけ緊張しながら、蓋を開けてみる!

お~、懐かしいな~変わってないや~?あれ?ちょっと違和感が・・・

とりあえず、一つ食ってみよう。

やっぱり美味しい!この味である!このあま~い醤油味がたまらん。味は昔と変わってないや~。

ちなみに「"大沼だんご"は折で、大沼湖・小沼湖を表現し、団子を串に刺さないのは、湖面の浮島に見立てているから。」と書いてた。初めて知りました。
へ~、「見立て」なんて、日本庭園みたいだね。



もう一個食ってみる。やっぱ美味い!が、違和感の理由がわかった。
俺の記憶の中の団子より小さい気がする・・・。もしかして、団子の大きさ小さくしたのか?

いやいや、待てと。いきなり疑うのはよくない。

大沼だんご食べるのは、おそらく中学生以来なはず。そうか、俺が巨大になってしまったのかもしれない?その可能性は大いにある。

あ”~、けど美味しかったな~。また食いたい。

場所はこちらと。

沼の家

場所:日本, 北海道亀田郡七飯町大沼町145

昆布館の裏に昆布館フラワーパークなるお花畑があります。

建物の裏にあるので最初は気が付かなかったが、とっても広い!15,000㎡もあるんだって。

花の名前を母が説明してくれたが、忘れてしまいました。取り合えず写真だけ。











見ているうちに少し天気が悪くなってきた。もう少しのんびりしていきたかったかも。

癒されます。

場所は、ちず窓で。

北海道昆布館

場所:日本, 北海道亀田郡七飯町峠下

大沼国定公園へ行く途中に、故郷である北海道の七飯町内の「北海道昆布館」によってみた。



結局昆布売ってるだけだろ?と乗り気ではなかったが、たまに実家から送ってもらう昆布製品はここから買ってるとのこと。ちょっとだけ期待してみる。



結構、観光バスが入ってきてました。そして思ってたより巨大な施設にびっくり。

館内には、昆布の歴史?を流すミニシアター的なものや、昆布まわりの資料館みたいなのがある。

写真はとらなかったけど、そこそこ面白い。

でと、下がお土産コーナー。びっくりするぐらい広い!

北海道の様々なブランド昆布や昆布製品が売ってました。



ブランド昆布群。これからの徐々に寒くなっていき、お鍋が美味しい時期となれば大活躍だろう。しかも安ね、こっちのスーパーで買うより。絶対美味いだろうし。



一角に昆布茶の試飲コーナーがあった。

幼きころに、昆布茶を飲んで、気持ち悪くなった経験から今まで避けてきたが、30歳ににして再デビュー。

緊張しながら飲んでみたところ、美味しい!これ、酒を飲んだ後とかによいな~。

昔飲んだのはなにやらケミカルな味がした思い出があるのだが、すっごくやさしい味でした。
すっごく上品な昆布だしを飲んでるみたい。料理とかにも色々使えそうだな~。



昆布茶以外にも、かなりの数の製品が試食できます。

あまり買わないつもりだったが結局大量に買ってしまった。。

完敗である。

場所はこちら。

北海道昆布館

場所:日本, 北海道亀田郡七飯町峠下

気がつけば虫の鳴き声が。あっという間である。

海鮮市場の魚たち。

朝市だと写真とかとってるとなんか買わされそうなくらい活気があるけど、こっちはちょっとのんびりしてるね。



蟹です。うまそう~。



イカの生簀。

実家で、生簀からとったばっかりのイカの刺身を食ったけど、うますぎるぜ。
ねっとりぷっつりあんまいのよ。



市場の真ん中にある樽を重ねた噴水。その向こうにソフトクリームが売ってる!



正直、ソフトよりコロッケとビールが気になったが我慢しました。







さっぱりしてて美味しかったよ~

場所はちず窓で。

函館海鮮市場

場所:日本, 北海道函館市豊川町12−12

中途半端な写真だけど函館を散歩しながらとった写真を。

あんまり天気は良くなかったけど、旧海鮮市場2号館にできた「Hakodate Rusama-ya Sweets」を撮ってきた。

写真の右にみえるのがそれ。




海鮮市場からも一枚。



なかには函館のスイーツがたっぷりあり。



コーヒーもなかなかの品揃え。


中で、コーヒーを飲みつつ、ケーキを食べれるところもあり。



10時から開いてるらしいが、ケーキは11時くらいから並ぶらしいです(お店の人に聞いたわけではないです)。



なかなか、こじゃれた雰囲気の場所でした。

お腹が一杯だったので、休みはしなかったけど、観光やお土産の疲れにぴったりの休憩所かもしれない。



Hakodate Rusama-ya Sweets (ルサマーヤ・スイーツ)

函館市豊川町12-12  0138-22-5656  年中無休

営業時間 10:00~20:00

場所はちず窓で。

Rusama-ya Sweets (ルサマーヤ・スイーツ)

場所:日本, 北海道函館市豊川町12−12

リーマン・ブラザーズの本社まえからCNNのニュース。

Two Guys Make Out CNN Lehman Brothers Report


レポーターの後ろの男二人・・・
相当、ショックなのだろうね。

思わず昼飯吐きそうになりました。

食ってばっかりの帰省の旅と思われたかたもいるかと思うが、間違ってはいない。

いや、そのほかもいろいろ嫁さんを連れて観光してきたんだけどね。

それは、さておき、今回の函館くい歩きツアーの目玉として考えていた、創業130年近い歴史のある函館の老舗レストラン、五島軒 本店 (ゴトウケン)

高校の時に、この本店の大きなホールでご飯を食べた覚えがある。

是非とも、ここの、昭和天皇も食べた鴨カレーを嫁に食わせたいと考えていたのでいってきました。

20時くらいに入ったのだが、そこそこ混んでます。

カップルと、家族連れが殆どかな~

テーブルには、五島軒と函館の歴史がわかるものがおいてありました。



テーブルには、ランプが。



コースにしてもよかったのだが、予定通りカレーを注文。

私は、三代目若山徳次郎リッチ鴨カレー〈甘口〉 ¥2,310
嫁さんが、海の幸カレー〈中辛〉 ¥1,680

を注文。これにスープやらなにやらがついたカレーコースなるものもあったけど、カレーだけにしました。

それでも食後に珈琲がつきます。

まず、薬味が大量に出てきた。

なんか、懐かしい味の紅しょうがもあったが、ラッキョウの美味しさに驚き。自家製だろうか?



こちらは、海の幸カレー。鴨カレーと比較すると結構からい。

海の幸のだしが濃厚です。この濃厚な辛さに負けずにこれだけの海の幸感を引き出すのはかなりやるなと。さすが函館のカレーと関心。



こちらは、三代目若山徳次郎リッチ鴨カレー。リッチカレーって字ずらはちょっと恥ずかしい感じがするが、ちなみに幼きころ食った時は二代目だったきがするが気のせいだろうか?



もうね、食べたらびっくり、超美味い。超濃厚なのよ。どうやって作ってるんだ?

結構、カレーはいろんなの作ってきたけど、これは手間隙かかってる感じがする。

ちょいとまねするのは無理だね。

米もしっかりした味。硬さも程よく、カレーとの相性は抜群。美味しすぎる。

天皇が食べたいっておっしゃられた理由がわかる気がするYO

かもは、沈まないように上に並べてあります。

とってもやわらかく、口に入れると肉汁があふれます。

カレーとこんなにあうんだと再認識。



所詮、カレーと人によって喜びはことなるかとは思うけど、一度は食べておいたほうが良い味。

函館に行かれたら是非。

場所は、函館山のロープウェイ乗り場からすぐ。

夜景を見た後にでも足を延ばしてみてはいかが?

ちなみに下は、カメラでがんばって撮影した函館山の夜景。

カメラが好きな方は当然その苦労はわかると思うが、夜景の撮影は本当に難しい。



下は、ロープウェイ付き。



がんばってきれいに撮れたほうだと思うが、結構時間がかかってしまい、嫁が激怒。

函館の夜景の情緒と夜景を上手にとりたい男心がわからなかった模様。グスン。。

ま、結局仲良くカレー食べてたけど。

場所はちず窓で。

五島軒

場所:日本, 北海道函館市末広町4−5

以前、我が家のアイドル、石塚英彦が美味そうに食べてたので、函館に行ったらぜひとも食べようと決めていた、函館の末広町の老舗、来々軒 (らいらいけん)さん。

昭和十年に開業らしいです。



椅子などは、開業当初から使用しているものらしく、店中から時代を感じます。



開業当初は洋食屋としてて営業していたらしく、メニューを見てみる、オムライスとかもある。

しかし、ここは目的の塩ラーメンを注文。



味は一言で言うとシンプル。美味いはこれ。

やはり特徴は、メンマが邪魔に思えるほどすっきりしたスープだろうか?



個人的な好みでとしては、麺はもうすこし硬くてもよいかと思ったがこれもこだわりなのだろう。

味だけではなく、お店の中や周囲の雰囲気の性かもしれないが、食べているうちに、なぜか小さい時にどこかで食べたような懐かしさも感じてしまった。

いかにも「函館ならでは!無理やり魚介を突っ込んだ塩ラーメン」とかとは一線を画す、本当の塩ラーメン。

旅行中ウニとかイクラとかを食べ過ぎたり飲みすぎたりして、あっさりした汁物がのみたいな?って方にはベストチョイス。是非お立ち寄りを。

場所はちず窓で。

来々軒

場所:日本, 北海道函館市末広町16−3

実は、帰省するにあたって、いくつか食べに行こうと決めてたお店があり。

その一つが、この函館のベイエリアにあるカリフォルニア・ベイビー



場所は、金森倉庫群を抜けたところにあり、存在は知ってはいたがいったことはなかった。

嫁も函館の旅行番組で知ったらしく、いってみたいと。



店内は、名前のとおりアメリカンな感じ。ここの店長は、あの石原裕次郎のヨット仲間だったとか。



きました、名物「シスコライス」。

ミートソースとバーターライス、かりっと炒められたソーセージの超うまそうな香りがたまらない。

しかし、すごいボリュームだな!二人で一つしか頼まなかったがそれで正解だったな。



バターライスとちょっぴり辛いミートソースの組み合わせがたまらない。

ウインナーを少しちぎってほおばると、まぁ、幸せなこと。

結構なボリュームだけどあっという間に食べきってしまった。

食べてから気がついたが、テーブルにパルメザンが。。。

かけたら絶対うまかったと思う。。

くそ!リベンジするしかないな。

場所はちず窓でと。

カリフォルニア・ベイビー

場所:日本, 北海道函館市末広町23−15