Microsoft Windows 8 (DSP版) 64bit 日本語(新規インストール用)
マイクロソフト(DSP) (2012-10-26)
売り上げランキング: 8


結論から先に書いておくと、

ZOOM ZFX PLUG-INをWindows8 64bitで動きます!



家のPCのOSをWindows 8へ変更しました。

家のPCは8Gメモリー積んでるし、ここ数年仕事で64bitのWindows7使ってきたけど全然問題ないし。

そんなわけで、迷わずWindwos8 64 bit版を注文しました。

で、注文してから気が付きましたが、ZOOM ZFX PLUG-INって64bitに対応してないと。

えーい、なんとかなるべと、まずWindwos8をインストール。

ちょっと驚いたのが普通にOSインストール中の音がZOOM ZFX PLUG-IN経由で音出てます。

これは大丈夫そうな予感がするというか、楽器がつながらなくても最悪USBサウンドカードとしては使えるとちょと安心。

で、Windowsのインストールが完了したあとは巷のWindows7の64bit版の手順と一緒でOKでした。


一応ここにも書いておきます。

ZOOMのダウンロードサイトからZFX Plug-in 1.1.0.0 Setup をインストールします。
#別にCDからでもよいです。

ただし、インストール出来るのはアプリケーションとVSTプラグインまでで、S2t C5.1t Driver の途中でアラートが出でしまいます。

いったん、そこで終了して次へ。

C:\Program Files (x86)\ZOOM\S2t C5.1t Driverにあるzms2c5ap.dllをC:\Windows\SysWOW64 にコピー。

次に、下記のサイトとから汎用版ASIOドライバー「asio4all」をダウンロードしてインストール。

http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/music/sequencer/asio4all.html

で、ZFX Plug-in起動すると、起動時にAsio周りのエラーがでてますが無視して起動。

次に、ZFX Plug-inのメニューのdevice から ASIO4ALL を選択、
Device Settings で表示される画面から Control Panelを開きASIO4ALL周りのセッティングする。
#このDevice Settings画面わかりづらいよね。

うまく、切かわらないときはアプリを再起動しましょう。

私も、設定後、楽器からの音が出ず、だめかーと思って再起動したら無事に音がでました。

ぜんぜん問題なくつかえてます。

やっぱ便利だよね、これ。




0 コメント