わりと老舗飲食店が多いかなとか思う淡路町近辺の小さな老舗洋食店「松栄亭」さん。

外から見ると新しいおみじゃない?とか思いますが、100年以上の歴史のあるお店なんですね。

なんとなく敷居が高そうで未訪問でしたが、歴女?な同僚と昼飯くいにいくことになり、こちらにお伺いしてみました。


店内はテーブル席がちらほら。あんまり大きなキャパでもないし。テーブルの大きさからすると、まぁ、1人か二人で来るのが程よいお店かもしれません。

このお店の名物メニューで、夏目漱石が訪問した際に“何かめずらしいものを”というオーダーに、即席で応えた一品として「洋風かきあげ」が有名です。

食べたという人の話を聞いてもピンとこなかったのでどんな食べ物可一度食べみたいなーとは思ってたので、そちらを注文しました。

こちら注文と出てきたコンソメスープ。なかなかしっかりとしたお味。


こちらが、有名な洋風かきあげ。


なんか、たしかに表現がむずかしいですね。

クリーミーというほどではありませんが、しっとりと玉ねぎと豚肉が小麦粉でまとめられてカリッとあがっています。 衣は香ばしいですね。

なかなかのボリュームがあります。

なんか、テーブルのウスターソースで食べるとこれぞ洋食って感じでしょうか、ちょっとときの流れを感じます。

初代のレシピをずっと守ってるとのことです。 お近くまで来た方は、ぜひ一度。

松榮亭洋食 / 淡路町駅小川町駅新御茶ノ水駅


場所:日本, 〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目8

0 コメント